79-45 氣は・・・・・

「大地の生気は風に乗じて散じ、水によって聚(あつ)められる。これを風水という。」

と、古伝にあります。

これを試してみました。

 

まず団扇で正面からあおぎ、押してみます。

動きやすいですね。

 

次は背後から扇いで押してみます。

しっかり耐えました。

 

昔の人はいいことを言っていますな。

正面からの風を向かい風といい、

背後からの風は追い風と言ってます。

 

追い風の方がいいんですな。

 

また上から下へは強く、

下から上へは氣が上がってしまって弱くなるみたいです。

左右からの横風にも弱いようです。

 

もう一つはジャンプです。

両手を挙げてのジャンプは弱いのですが

バンザイと叫びなからのジャンプは強くなります。

面白いですね。

 

今度の日曜日の稽古は午前中の大阪城公園のみです。

午後は雨模様みたいですから休講します。

ホームページは https://sekijuku.com   からどうぞ。

 

79-44 八卦掌の練功法の例(R1.9.20)

今回も樹木を使った八卦掌の練功法の説明です。

いつも言ってる事ですけど

自分にとって必要な練功を

必要なだけやるのが正しいやり方です。

 

私のところでは腰を創るというのを重視しています。

それは腰が出来ると力を有効に使えると思うのです。

 

具体的には身体を斜めにした半身という構えですね。

 

これにより身体が弛み、伸びが生まれます。

さらには指先が強靭になり、指突を有効に使えます。

 

半身になる稽古では棍を尻に當て、

樹木に纏わり付くように歩いてます。

これで50歩進み、1リットルの水を入れたペットボトルを

両手で掴んで50歩歩きます。

ここで一番目の套路の表をやります。

 

 

逆方向に50歩棍を尻に當てて歩き、

1リットルの水を入れたペットボトルを掴んで50歩歩いて

套路の裏をやります。

最後までやると合計1600歩となります。

このペットボトルは徐々に重くしていきます。

最終的には5Kgほどで一応完成です。

 

今度の日曜日は大阪城公園は

トライアスロンの競技会場となりますので都島で行います。

HPは    https://sekijuku.com      からどうぞ。

 

79-43 樹木を使った練功法 (R1.9.14)

今回は樹木をつかっての練功法をいくつか紹介します。

まず小手を鍛えます。

樹木に擦り付けたり、叩きつけたりします。

最初は軽く、徐々にきつくしていきます。

体當りは特に十分稽古します。

 

この練功法は特に決まったやり方はなく

自分に足りないものとか、必要なものを自分で工夫して

やってください。

 

必要は発明の母、ということですね。

 

そう言った意味で

どんどん新しい練功法が編み出されていくでしょう。

 

それからこれらの練功法は

全てを一律に行うのではなくて、

自分に必要な時期に 必要なだけ行います。

ある時期には必要だったものが

上達するに従って必要なくなるものも多々あります。

自分の上達に合わせて選んでください。

 

明日の稽古は通常通りです。

HPは  https://sekijuku.com  からどうぞ。

79.42 痛み止め(R1.9.7)

今回は内容を急遽変更しました。

 

バンテリンという消炎鎮痛剤があります。

これ結構いろんなとこに効きます。

角っこで足の小指をぶつけた時。

すぐ塗ると痛みが取れます。

心臓が痛い時。

上から塗ると痛みが和らぎます。

喉が痛い時、気管支炎になって喉がゼーゼー言ってる時。

むねや喉に塗ると痛みが和らぎます。

その他、痛い所に塗ると良いですね。

 

もちろん その後ちゃんとした治療を受けてくださいね。

 

明日の稽古は通常通りです。

 

HPは https://sekijuku.com     からどうぞ。

79-41 呼吸をシンクロさせる(R1.8.31)

今回は呼吸をシンクロさせて外すと言うことを

武技に取り入れてみました。

最初に断っておきますけど、これはシンクロ技術の到達点ではなくて

入り口、スタート地点です。

 

まず息を吸う、吐くをゆっくり三度ほど繰り返します。

太極拳の起勢を利用しても良いでしょう。

息を吐き終わり吸い始める瞬間を狙って技を掛けます。

この動画では按出してます。

ここでの注意点は、息を吐き終えた瞬間ではなくて

吸い始めたら、間髪を入れずに技を掛けるのです。

タイミングさえ合えば面白いくらいに技が決まります。

 

少し説明すると、相手の呼吸に自分の呼吸を合わせてシンクロさせてあげ、

相手が自分の呼吸に合いだしたら突然それを紊してやるのです。

 

相手を自分の意識の支配下(アンダーコントロール)に置くのですが

そのために相手の動作を真似るとか、

呼吸を合わせると言うのは有効な方法です。

そうすることでシンクロしやすくなります。

 

HPは     https://sekijuku.com            からどうぞ。

 

明日の稽古は通常通りです。

 

 

79-40  竜爪掌 (R1.8.24)

八卦掌では基本の掌形として

竜が珠をつかんでいるような掌の形をします。

これを 「竜爪掌」 と呼んでいます。

實際は丸く円筒形をしています。

動画はこの竜爪掌の練功法です。

この動画の最初の練功法は

竜爪掌を使った練功法だけではなく

竜爪掌そのものの形を作る練功法でもあります。

つまり、竜爪掌を創出し

尚且つ、その竜爪掌の實用対練法と言う二つの役割を果たしています。

注意点として、

普通この場合、臂を外に張り出しがちになりやすいので

臂を前に出して

下に斬り落とすようにすると良いでしょう。

こうして相手の小手の上に

自分の小手が搭るようにします。

これで 相打ち的に出しても

自分が必ず勝てるようになります。

今度の日曜日の稽古は通常通りです。

HPは https://sekijuku.com  からどうぞ。

 

79-39 足 (R1.8.17)

足というのは歩き方、移動、のことです。

一般的にはフットワークとか運足などと言われていますけど

内容に即した言い方をすると、

技を運ぶための身体の移動、と言うことになります。

技を効かせるためには、強固な土台が必要となりますが

その土台をを技の間合いまで移動させる事、言うのが

運足の定義となります。

ただ身体を移動させて技を使っても

効かなかったら意味がありません。

技は使うだけではなく、効いてナンボですから。

上の動画はその運技、運土台の一例です。

その場突き、その場打ちなら効いても

三歩、四歩と移動しても尚且つ威力のある掌を打てるか?

と言う事です。

この場合、掌打に重さを搭せる事で威力を出していますから

移動するとき、掌に重さが搭ってるかどうかかが

重要になります。

 

明日の稽古は通常通りです。

 

ホームページは http://sekijuku.com  からどうぞ。

 

 

 

 

79-38 対打の實例(R1.8.10)

下の動画は八卦掌対打の實例です。

初めに断っておきますけど

この形を真似ておけばそれで良いというものではなく、

こんな感じで稽古をするんだな、と理解してください。

これはひとつの試みです。

ただ、そうは言っても最初から自由に、と言われても面喰らうでしょうから、

このやり方を叩き台にして下さい。

 

この動画の中では

突きに対する受けとして、太極拳の推手の一手を借用しました。

 

注意点として

ハエも殺せないような「フライ パンチ」にならないように。

 

明日はいつも通り稽古します。

 

HPは  https://sekijuku.com     からどうぞ。

79-37 対打、組手の考え(R.1.8.3)

前回の続きになりますが

最初の小手の鍛錬というのは

小手だけではなくて

脚とか胴体とか全身を叩いて鍛えるものです。

 

そのための四方八面打、靠撃です。

 

 

空手やキックの場合は普通に激しくぶつけていますから

特別にこのような稽古をする必要もないのですが

太極拳や八卦掌の場合は

軽く接触するだけで強く當てる必要はない、

と、勘違いしがちなので、別に訓練する必要があるのです。

 

 

②番目の対打は突きや蹴り全般に対する対応を身に付けるものです。

もちろん基本的なものだけですけど。

当然ですけど攻撃側もきちんとした突き、蹴りを要求されます。

 

さらには単発の攻撃から

連続した攻撃へと技術の向上が要求されます。

受けもまた単発の受けから、連続した受け、反撃へと

向上していきます。

 

この反撃は當てるだけではなく、威力のあるものが要求されます。

 

 

明日の稽古は通常通りです。

ホームページは https://sekijuku.com    からどうぞ。

 

79-36 八卦掌の組手、対打(令1-7-27)

樂鍠關塾の組手、対打を紹介します。

まず小手の鍛錬をします。それから脹脛を鍛えます。

そのために四方八面打と掃腿。

あと体當り、靠撃とも言います。

 

次は中段突きに対する受け。

上段突き、下段攻撃に対する受け技。

 

三番目は喉輪攻めに対する受けと反撃で

四隅推手を利用します。

 

四番目は扣歩と擺歩です。

八卦掌の基本の歩法ですが、

實際にはどのようにして使うのかを理解してもらいます。

 

取り敢えずこれだけやります。

 

明日は台風も通過してますので稽古は通常通り行います。

 

ホームページは   https://sekijuku.com  からどうぞ。