82-5 内功を使う拳法の特殊な事情

ちょっと題が長くなりましたが 

八卦掌や太極拳、形意拳を習う場合、

前もって長拳とか空手の基本的なものを

履修しておくといいです。

というのも 内功を使う拳法というのは

長拳とか空手の

特殊な 名人的な使い方だという風にも

言えるからです。

拳の握り方や正拳突きの方法、

中段の受け方、上段、下段の受払いなどの

基本中の基本的な事など普通の教室では、

殆ど教えてもらえないのです。

基本的な事ができなくては

型や套路の用法など

全く無意味だと思うのです。

ちなみに私の所では正拳ではなく 

パラ(貫手)で行っています。

その他にも 手刀打ち、受け技、前蹴り、

足刀蹴りなどの稽古もしてます。

   令和4年2月3日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください