82-8 爪先の感覚

今回はシンプルに行きます。

技を極める時 足裏のどこに體重を載せるか

と言うのは結構大切です。

踵か、足裏全体か、爪先か。

色々試した結果、爪先がもっとも技の効きが

顕著でした。

正拳にしても掌打にしても威力がまるで違います。

お試しあれ。

   令和4年2月25日

 82-7   バックスピンのコツ

バックスピンが上手く出来ないのには理由があります。

この掌打でもっとも大切なのは

感じる能力です。

筋力でも反射能力でもなく

感知能力、知覚する能力です。

今回の動画でも云っていますが 

相手を圧す時

適切な力で圧すことが必要なのです。

その適切な力の見極めは

一・ 相手を圧す

二・ 相手の身體が動き始めるギリギリの所で圧す力を一定にする。

   要するにこれ以上の力を加えないと言うことです。

   その時も相手が動き出さないように

   加減しながら力を加え続けておく。

三・ その時の相手の身體の感じを覚えておく。 

通常人間は横から圧されると

それに対抗して

姿勢を真っ直ぐに保とうとする機能が働きます。

横からの力が強すぎると

その力に負けて身體が歪み

変形します。

この歪み・変形は何故起こるかと言うと、

歪み・変形する事で身體のバランスを取り 

倒れないようにしているのです。

変形してしまうと

身體を真っ直ぐに保とうとする力は弱まりますから

その直前の力の状態、

つまり「身體を真っ直ぐに保とうとする力」

を知覚できる様にします。

掌打でバックスピンを掛ける時、

相手の肉體そのものではなく

この身體を真っ直ぐに保とうとする力に

向けて打つわけです。

この身體を真っ直ぐに保とうとする力

(一本の線をイメージしてください)に下向きに

擦り下ろす様に打つと決まります。

  令和4年2月15日

82-6 バックスピンを掛ける

掌打で相手を打った時

手前に転がるように打つのを

バックスピンを掛けると言います。

これを實際に試してみました。

相手に體當りをして貰い それを打ち止めます。

安全を考慮してキック用のミットでガードしています。

こちらは形意拳の劈拳で掌打を打ちます。

まともに當てるとこちらが跳ばされるので

軽く羽毛で撫でるように打ちます。

それで下に叩き落とせました。

もっとも叩き落とすというか 

潰すというかビミョーなとこですね。

勢いよくやると受けが地べたに叩きつけられて

危険なので軽くゆっくりやります。

相撲で言うところの叩き込みと言う技がよく理解できます。

もっと熟練したら

大相撲の関取衆にチャレンジしてみたいですね(妄想)。

動画も参照してください。

令和4年2月8日

82-5 内功を使う拳法の特殊な事情

ちょっと題が長くなりましたが 

八卦掌や太極拳、形意拳を習う場合、

前もって長拳とか空手の基本的なものを

履修しておくといいです。

というのも 内功を使う拳法というのは

長拳とか空手の

特殊な 名人的な使い方だという風にも

言えるからです。

拳の握り方や正拳突きの方法、

中段の受け方、上段、下段の受払いなどの

基本中の基本的な事など普通の教室では、

殆ど教えてもらえないのです。

基本的な事ができなくては

型や套路の用法など

全く無意味だと思うのです。

ちなみに私の所では正拳ではなく 

パラ(貫手)で行っています。

その他にも 手刀打ち、受け技、前蹴り、

足刀蹴りなどの稽古もしてます。

   令和4年2月3日