81-45 斜面を打つ

拳、打の補足説明です。

今までの拳、打は當てる対象面を

垂直に想定して稽古をしてきました。

しかし この方法だと習得に時間がかかる事と、

威力向上の点で問題がありました。

そこで拳、打の當る面を少し斜めにしてみたら

すごくやり易くなりました。

絶壁に當てるのではなく 

堤防の法面に當てることを

イメージしていただくといいでしょう。

法面に直角に當てる感じです。

形意拳の崩拳でやると、

捻り墜とす時に 

體重を拳に載せ易くなります。

また掌打の時も 形意拳の劈拳でやると

よくわかります。

踏み込みながら掌を捻り墜とすのですが 

これも體重を載せるのが載せ易くなります。

さらに上達しますと

斜め下ではなく

真下に捻り落とします。勁力が更に強化されます。他の拳法でも按勢は

このやり方で勁力が更に強化されます。

一般的に按勢は

劈拳の如く

真下に打ち墜とすようにやるのが

最も勁力の強化に役立つのでしょう

ただ このやり方だと勁の進行方向を垂直方向から

水平方向に変化させる為のレッスンが

別途必要になりますけど。

ここまで進んで来て 

太極拳の起勢の型の意味がよくわかります。

あれは當に絶大、

強猛な勁力の出現を想定しているのですね。

           令和3年11月24日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください