81-41 封じられた時の解方

今回は封じられた時の解き方ですが

前回の補足をしておきます。

狭義では封じられる、制圧される、で良いのですが 

これを広く捉えると 自分が有利で、

相手を不利な状況に追い込む事も意味します。

封じられた場合 

相手に逆らわずクルリと回転して反撃に転ずるのです。

太極拳の場合ですと 

封じられると身體を弛めて左右上下に流し、

反撃しますが 

八卦掌では弛めて流すだけではなく

轉身して反撃することを主にやります。

動画を見て参考にして下さい。

この動画では拙い動きをしていますが(汗)そこは置いといて 

このような対応もあるのだなぁ

というふうにみてください(学習用です)。

八卦掌第一掌の穿掌から展伸掌への変化と、

太極拳の擠勢への変化も試してみました。

      令和3年10月26日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください