81-39 闘い方の原則についての考え方

まず刀を持ってたら 原則抜かせない、

ということですね。

これに尽きると思います。

これは相手がそういうことを想定してなかったらかなり有効です。

素手での場合でもそうです。

相手が殴ってきたらどう捌くかという場合、

通常シロウトには対応ができませんよね。

しかし殴られそうになった時手首を抑える、

というのならできそうです。

これでも恐怖感があります。

殴りかかられたら怖いですよね。

しかし殴りかかられる前だったら怖いけどまだマシです。

刀を抜いてる相手に立ち向かうのは

ほとんど自殺行為ですが

刀に手をかけそうになった時

手首を抑えるくらいはできそうですね。

ですから素手で殴られそうになる前に

相手の手首を抑えるくらいはできるでしょう。

動画ではそこら辺を簡単に説明しています。

實際はもっと稽古して

確實に対応出来るようにしておきます。

また手首を抑えられた時の対応の一つとして

八卦掌の第1掌、単換掌を紹介しています。

                      令和3年10月14日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください