81-37  またまた呼吸法

呼吸法に停息を入れるということを

前々回書きましたが

もう一つ付け加えます。

それは息を吐き終わった時も

肚の中を空にしないということです。

通常では息を吐く時は

腹中を空っぽにしますが

少し上達しますと 腹中の息を虚にせず

三割くらい残した状態で

腹圧は加えたままにして吸氣を始めます。

整理しますと 

吸氣から呼氣へ変わるときに停息し、

呼氣から吸氣へ変わる時、

腹中を虚にせず 

腹圧を加えたまま三割ほど息を保った状態で

吸氣を始めるのです。

これにより肚の中が充實してきます。

丹田で呼吸してるわけですね。

この状態の時、技が冴えてきます。

動画を参照してください。

        令和3年10月1日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください