81-34 深呼吸

八卦掌などの拳法、體術などでは實體としての運動以上に

呼吸が重要になります。

これは上級者になればなるほどその重要度は高まります。

が、しかしある程度上達してから訓練を始めて

大変になりますので初心のうちから慣れておく

必要があります。

これはとても大事なことなので

ここに詳述しておきます。

凡そ 我々が異なった複数の技術を身につけていく場合、

身につけやすいものから身についていきます。

實はこれが技のモデルチェンジが難しい理由でもあります。

體術と呼吸法の場合、

體術は目に見えますからわかりやすいのですが

呼吸法は目に見えませんから判り難いのです。

しかも呼吸法はイメージを併用して学びますから

余計習得し難いのです。

ですから體術をしっかり身に付けてからとなると 

ほとんど呼吸法は身につきません。

もう一つの理由は呼吸法がなくても技は使えるからです。

呼吸法の習得時には 呼吸だけではなくて、

呼吸と簡単な動作をくみ合わせてやると

やりやすくなります。

初心のうちはこれで十分です。

   令和3年9月8日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください