81-27 按に竜爪掌を使う

私が学んだ太極拳では按をする時 

手首を脱力させ指先を垂らした構えから

按を発していました。

他の流派の太極拳と違うので不思議でした。

今思うと

これは按に竜爪掌を使っていたからなのですが 

當時はそのことに氣がつきませんでした。

その當時も我々の太極拳が八卦掌の影響を受けていると言うのは

知識としてはあったのですが

實際には何もわかっていなかったのです。

さてこれは手首の力を抜き、

指先を垂らすのですが  

その時 心持ち小指側を下にし、

人差し指側を上にします。

これで「沈肩墜肘」が完成します。

この「沈肩墜肘」が出来たら

竜爪掌による按勢は完成したようなものです。

動画では推手を使って

竜爪掌による按勢の説明をしています。

それだけではなく拳も竜爪掌を使っています。

正確には見た目は拳、

中身は竜爪掌なのです。

簡単に相手を跳ばしていますけど

これが 竜爪掌の凄さです。

  令和3年7月20日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください