81-28 呼吸に調子を合わせる

呼吸に調子を合わせてみました。

二人に棒を持って貰い 

吐く息に合わせて棒を押し下げます。

成人男子二人で持たれた棒は 

そのままでは下がりません。

が、息を足元に吐くようにしますと

動画のように押し付けられます。

もちろん この二人が無意識に私に調子を合わせてくれた

と言う可能性は否定できません。

ちなみにこの時 私は何でか痛風の症状が出て

びっこを引いています。

元々右足に痛風が出ていたのですが

前日から左足にも出て、両足ともはれ、

歩くのにも不自由な思いをしていました。

と言うことを考慮して見て下さい。

令和3年7月28日

81-27 按に竜爪掌を使う

私が学んだ太極拳では按をする時 

手首を脱力させ指先を垂らした構えから

按を発していました。

他の流派の太極拳と違うので不思議でした。

今思うと

これは按に竜爪掌を使っていたからなのですが 

當時はそのことに氣がつきませんでした。

その當時も我々の太極拳が八卦掌の影響を受けていると言うのは

知識としてはあったのですが

實際には何もわかっていなかったのです。

さてこれは手首の力を抜き、

指先を垂らすのですが  

その時 心持ち小指側を下にし、

人差し指側を上にします。

これで「沈肩墜肘」が完成します。

この「沈肩墜肘」が出来たら

竜爪掌による按勢は完成したようなものです。

動画では推手を使って

竜爪掌による按勢の説明をしています。

それだけではなく拳も竜爪掌を使っています。

正確には見た目は拳、

中身は竜爪掌なのです。

簡単に相手を跳ばしていますけど

これが 竜爪掌の凄さです。

  令和3年7月20日

81-26 ワクチンの接種に行って来ました

今日、午前中 近くの接種会場で

第一回目のワクチン接種をしました。

あとは3週間後に2回目をして完了です。

今のところ副作用は出てません。

私はこのワクチン接種は

社会不安を取り除くためのものと思っております。

ワクチンを接種することでみんなが安心するなら

まあいいか、と思っております。

81ー25 功を使う

功を使うと言うことは 

功を深めると言うことと重なる部分もあります。

今回は具體的に

どのようにするのかを紹介していきます。

動画を参照して説明していきます。

後脚の裏を地面に押し付けた時と、

ただ置いてる時との違いを見てください。

ただ地面に足を置いて按出してる時は 

按が効いていません。

それに反し、

後脚をしっかり地面に押し付けてる時は 

按が効いています。

これは弓剪歩の場合ですけど、

三體式の場合は前脚を押し付けます。

この場合の注意としては足裏を押し付ける時

重心を掛けてはいけないと言うことです。

重心を掛けて足裏を押し付けるやり方が

やりやすいものですから ついやってしまいます。

これは注意してください。

このような體の使い方を意識しなくとも出来る、

と言うのが功を積んでると言うことです。

また軽く足裏を押し付けてるようでもものすごく重い、

と言うのが功が深い

と言うことになります。

                  令和3年7月6日

81の24    技の前に

このブログや動画で色々なことを

紹介しているわけなんですけど 

實際やってみると

これがなかなかできないのです。

これはなぜかと言うと功が不足しているわけなんです。

功には筋トレなどの外功法と

呼吸や意識を繊細明瞭化していく内功法があります。

内功とは全身の神経を活性化していく事なのですが 

これには呼吸の助けが必要です。

自分の身體を自由に操る事なのです。

相手を押すときに

手首や肘、肩、肩甲骨、腰、太腿、膝、

足の裏など多岐にわたる部分を

自分の思うように操作していきます。

ですから手の部分だけをとってみると

ほとんど力は入れてないように見えるのですね。

このための時間が

早い人で10年はかかるでしょう。

筋力を使って技の補完をしているレベルなら

もっと早く仕上がります。

ホームページは      https://sekijuku.com    からどうぞ

             令和3年7月2日