八十一の十七  氣を使う方法と體術を使う方法

武術には筋力を使って技を仕掛ける方法と 

どちらかというと力を抜くことで

技を掛ける方法とがあります。

更に意念、氣を積極的に使うやり方もあります。

この力を抜くことで相手に技を仕掛ける方法とは 

意識的に膝の力を抜くことで

相手に感知されずに技を仕掛けることが多いですね。

前回の推手の動画で相手にマウンティングするとき、

力を入れずに肘を動かし

マウンティングしてるのもその一つです。

氣を使う方法とは、

以前 エネルギーの槍で相手を崩す動画を載せてますので

それを参照してください。

太極拳では氣を使うと言われてますが 

私見では體術九割、氣一割くらいではないかと思います。

形意拳もそれくらいです。

八卦掌は氣が九割、體術が一割、但しこの八卦掌は

私が学んだ 張俊峰老師傳のものに限りますけどね。

       令和三年五月五日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください