八十一の十六  推手 平円

前回に続いて推手の平円です。

立円が相手の按を縦に誘導、変化させるのに対して

平円は横に誘導、変化させてます。

實際は縦でも横でもなく

縦のような、横のような動きです。

この時 横に誘導するのに腕力を使うのではなく 

肘を引き抜くようにするといいです。

また受けから攻めへの変化は緩やかに、

徐々に行います。

相手に氣づかれないように 

太極図の陰陽の変化そのものですね。

肘を柔らかく使い 

自分の小手を相手の小手にマウンティングします。

動画では棒を木刀がわりに構えても、

相手にマウンティングしてます。

これらも推手の応用になります。

     四月二十九日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください