八十一の八 腰を墜とし延ばしてみると

實際に八卦掌の演武をしてみました。

腰を低くする為には脇の下と股間と膝を

吊り上げるような意識を持つと良いですね。

単に脚力のみでやるとかなりきついです。

まぁ出来ないこともありませんがね。

功を深めるようにしないと唯の

忍耐力養成になります。

このやり方は功を練り深める為の方法の一つです。

ホームページは   https://sekijuku.com    からどうぞ

   令和三年二月二十八日

八十一の七  腰を墜とすということ

本日は天皇陛下の誕生日になります。おめでとうございます。

腰を墜とすのは 

直接的には下半身の鍛錬ということになります。

下肢を鍛えて土台を強化するというわけですね。

一般的に八卦掌、形意拳、太極拳等の軟かい拳法は

筋力をそのまま使う空手やボクシング、

長拳等の拳法に比し、

下半身の強靭さがより強く要求されます。

それもスクワットやランニングといった方法ではなく 

ただじっと立ってるだけの站樁や

下肢を伸ばした状態で

腰を低くする方法が多く見受けられます。

これにはちゃんとした理由が存在します。

それは単に 下肢の筋力増強法だけにとどまらず

功を深くするという効果をも含んでいるからなのです。

単に姿勢を低くしているのみならず 

意念を足裏から地中深くに送り込んでいるのです。

この時 脇と股間と膝を柔らかくし、

仙骨を立てます。

最初はあまり無理をせず 軽くやります。

これが出来るようになりますと 

柔らかい動きのままで

強大なパワーを発揮できるようになります。

      令和三年二月二十三日

八十一の六 伸ばすという事

今回は伸ばすと言うことについて考えてみます。

普通 伸ばすということについて

あまり深く考えないと思います。

ただ何となく真っ直ぐにするという事だよな、

 思ってますし 實際 それで事足りるのです。

しかし ひとたび伸ばすということを

深く追求していくと 

實は 自分は何も解っていなかった

という事に氣がつかされます。

単に肘を伸ばすという事ですらも 

肘関節を曲げる事なく真っ直ぐにするだけでは事足りない、

のです。

相手の身體に掌を當てて打ち倒す時 

肘を墜とし 

肩(肩甲骨)を動かし 

腰のパワーを連動させてやらねばなりません。

肘を真っ直ぐにするだけではなくだけではなく

全身を協調させてやる必要があるのです。

さらに胸を凹ませ 

下腹を膨らませ脚は大地を踏みしめます

以上のことが出来る様になって

やっと掌打が成功するのです。

この稽古を続けていると伸ばすというのは

身體を緩め 軽くひねるようにすることだ 

とも解ります。

呼吸も軽く長~く吐いてやると

そのことが更なる身體の緩みに

繋がります。

私のところではその為に

緩氣延體法(仮称)というレッスンを取り入れています。

         令和三年二月十九日

八十一の五  練りと功

身體を練る事と功の連関について

気が付いたことを書いてみます。

身體を練るというのは

功を練ることにも繋がりますが、

呼吸や意識を練ることでも

功を深める事ができます。

具体的には ただ身體をグニャグニャ動かすだけでも

功が深まります。

それより太極拳の套路を行う方が効果があります。

八卦掌の套路はもっと効果が高いですね。

筋トレをしなくとも八卦掌の套路をするだけで

正拳突きの威力が高まるのですからすごいですね。

  令和三年二月十一日

八十一の四 八卦掌 その八

八卦掌第八掌は八仙過海です。これで最後になります。

拳譜・・・・・圧扣掌シテ穿掌ニ変ジ転身シテ肘打シ 

       扣歩反身シテ大劈ス

       砍双(かんそう)斫掌(しゃくそう)ヲ行ウ

提要・・・・・八人ノ仙人ガ海ヲ渡ル 左右輪砍(さゆうりんかん)シ

       身ヲ旋シテ輪斫(りんせき)シ

       穿ねいシテ領走ス

「ベースボールマガジン社刊 佐藤金兵衛著 正伝 実戦八卦掌より」

八人の仙人と

は李鉄拐(り てっかい) 漢鍾離(かん しょうり) 

呂洞賓(ろ どうひん) 藍采和(らん さいか) 

韓湘子(かん しょうし) 何仙姑(か せんこ)

張果老(ちょう かろう) 曹国舅(そう こっきゅう)です。

名前を聞いてるだけでも楽しいですね。

  令和三年二月二日