八十一の三   八卦掌 その七

八卦掌第七掌 白猿献桃です。

拳譜・・・・・双托掌シ変ジテ繍球ヲ滾ス

提要・・・・・摘果シテ桃ヲ献ジ

       獅子ガ繍球ヲ滾ス

「ベースボールマガジン社刊 佐藤金兵衛著 正伝 実戦八卦掌より」

型の名称は 

猿が桃を摘果して献じてる様子を詠んだものです。

孫悟空が斉天大聖と呼ばれて暴れていた頃、

部下の猿たちから好物の桃を献じられている

というのがピンとくるかもしれません。

名称と動作を楽しんでください。

  令和三年一月二十七日

八十一の二  八卦掌 その六

今回は 八卦掌第六掌 大鵬展翅です。

拳譜・・・・・反身シテ大劈スル

提要・・・・・回身シテ撩ス 扣歩シテ転ズ

       怪莽翻身シ 大鵬ハ翅(ハネ)ヲ展(ヒ)ロゲル

掌を下から上に斬りあげるようにする撩掌を行い 

大鵬が翅を展開するように展きます。

悠々と動くと良いですね。

  令和三年一月十九日

81-1 八卦掌 その五

明けましておめでとうございます。

今年初めての投稿です。

今回は八卦掌の第五掌、白蛇吐信です。

拳譜・・・・・反身シテ探掌スル

提要・・・・・回身シテ進歩穿掌・倒歩シテ旋身シ白蛇ハ吐信ス

「ベースボールマガジン社刊 佐藤金兵衛著 正伝 実戦八卦掌より」

回身する時 脚尖を目標の位置に持って来て回ると身體がブレません。

上體と動かすと良いでしょう。

細かいところは直接の指導でないと判りづらい

と思います。

  令和三年一月十三日