八十の四十七 八卦掌 その三 上下換掌

八卦掌の第三掌、上下換掌です。

拳譜……鳶は天に飛び 魚は淵に躍る

    上を穿掌し 身は伏して下し坎掌す

提要……上穿掌する事 燕の天に攅すが如く

    下する事 鉄牛の地を耕すが如し

  「ベースボールマガジン社刊 佐藤金兵衛著 正伝 実戦八卦掌より」

扣擺歩して転身する時 擺歩の脚は大きく出します。

次の並歩して上穿する時は

並歩する脚が着地するのと同時にやると良いです。

また上穿する時はよく捻り(鑽掌)、

突き上げます。

次に転身する時は鑽掌した手を

翻すが如く動かすと良いでしょう。

その時もう一方の手は手刀にして

仆腿に合わせて下撑します。

   令和二年十二月九日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください