八十の四十三 套路と練功の関係について

一般的に套路と練功法とは別物に分けて考えられてますが

太極拳や八卦掌、形意拳では

套路が練功法を兼ねているのです。

そのためすごく分かりにくくなっています。

長拳では別々に訓練しています。

ただ熟達すると

套路が練功法にもなっているみたいです。

まず 練功法とは何かということを

身を以て體感して感じ、

修得してもらう必要があります。

それから套路を覚え 軀に染み込ませます。

それから一つ一つ丁寧に

套路が功を深めるようなやり方に変えていきます。

相当 注意しながら意識してやらないと

だいたい ズッコケ挫折してしまいます。

くれぐれも焦りは禁物です。

         令和二年十一月十四日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください