八十の四十五 八卦掌第一掌 單換掌

拳譜……反身して横推掌をなす

提要……扣歩し擺歩して身を回らせ

    穿寧(正式には寧の文字は手偏が付きます。

    バソコンで表示出来ませんので寧で代用

    します)して領走する。

   「ベースボールマガジン社刊 佐藤金兵衛著 正伝 実戦八卦掌より」

今回から八卦掌です。まずは第1掌 單換掌です。

歩くときはあまりカカトを上げないようにして

スネに重さを載せるようにして歩きます。

腰はやや斜めです。

八卦掌で大事なのは捻りです。

脚も胴も腕も掌も みな捻ります。

手を上に向けた時、掌面が後ろを向くくらい捻ります。

合気道の小手返しのイメージです。

胸を凹ませ背を張ります。

含胸抜背ですね。

腕は捻って突き出すようにします。

そして掌です。

竜爪掌です。

親指を開いて 他の四指を広げます。

珠を掴むイメージです。

人差し指は天を指します。

もう一方の手は人差し指を肘のところにおきます。

反転して横推掌する時の腕は弓形にアーチ状にします。

細かい注意がたくさんありますので

直接指導で伝えます。しっかり練って下さい。

     令和二年十一月二十六日

八十の四十四 失われた内功を取り戻す

病気や手術などで内功が失われることがあります。

苦労して修得した内功なのですが

嘆いてばかりもいられません。

直接的にすぐ内功を取り戻すことは難しいのですが

失われた内功を取り戻すための

補助的なトレーニングがあります。

ちょっと紹介します。

椅子に腰掛けておヘソの付近に手の平をおきます。

ちょっとお腹を凹ませてフンっと

膨らませます。

この時軽くおヘソで手の平を押します。

力まずにやってください。

一日10分くらい。一度に出来ない時は分割も可。

焦らずじっくりとやりましょう。

やっているうちに内功が

少しづつもどって来るのがわかるでしょう。

3年もやればかなりの効果を期待できます。

          令和二年十一月十六日

八十の四十三 套路と練功の関係について

一般的に套路と練功法とは別物に分けて考えられてますが

太極拳や八卦掌、形意拳では

套路が練功法を兼ねているのです。

そのためすごく分かりにくくなっています。

長拳では別々に訓練しています。

ただ熟達すると

套路が練功法にもなっているみたいです。

まず 練功法とは何かということを

身を以て體感して感じ、

修得してもらう必要があります。

それから套路を覚え 軀に染み込ませます。

それから一つ一つ丁寧に

套路が功を深めるようなやり方に変えていきます。

相当 注意しながら意識してやらないと

だいたい ズッコケ挫折してしまいます。

くれぐれも焦りは禁物です。

         令和二年十一月十四日

八十の四十二  鑽拳

今回は形意拳の五行拳の最後、鑽拳です。

五行でいうと「水」に属し、

「腎」を養うとあり

これを演ずるに 法に合えば即ち氣は和して腎は足り

(つまり腎臓が元気になり)、

これに反すれば則ち氣は乖きて腎は虚。

(つまり腎虚になるという事。)

氣が乖きて腎が虚なれば

即ち清氣の上升は不能にして 

濁氣の下降も不能。

而して拳の真勁もまた出る事不能なり。

(氣の流れが叛いて腎が虚になったら 

清氣の上昇と濁氣の下降が出来なくなる。

だから 勁力も出ない)

(日東書院 松田隆智著 形意拳入門参照)

ちょつと難しくなりました。

三體式で構えます。

前に出ている掌で相手を制し、

後の手を陽拳にして突き上げるだけなのですが

上に突き上げるのに膝の伸展を使うのは不可。

前脚の爪先をパタンと墜とす時の

反力を利用して突き上げます。

この時 膝を抜かない事。

うまくいくと相手の體を浮き上がらせくらいの威力を出せます。

動画を参考にしてください。

     令和二年十一月六日