八十の四十一  横拳

今回は形意拳 五行拳の一つ横拳です。

その属性は「土」で「脾」を養う、とあります。

歩法は吾が国でいうところの千鳥脚です。

動作を説明しますと、まず左三體式で構えます。

左脚を半歩左に出しカカトを着け、

爪先は浮かします。

右掌を拳に変え、

捻りながら右斜め前に打ち出します。

左掌は拳に変え、右肘の下におきます。

後脚は跟歩します。

次に左脚を右前に出します。

(これを転歩と言います。

元の文字はパソコンでは出せませんので

この文字で代用します。

意味は同じです。)

文章だけでは難解ですから

動画を参照してください。

次に右脚を一歩出します。

この時 今までと同じく爪先を上げ、踵は接地しておきます。

同時に左拳を出します。

拳背は上に向けておきます。

右拳は拳背を上に向けて構えます。

爪先を着地させ、左拳を捻りながら正面に打ち出します。

右拳は左肘の下に墜とします。

同時に跟歩します。

回身式は左脚が前になってた場合、

左脚が右脚を扣歩するようにして内回りに回り後脚の

横に置きます。

両拳はそのまま。

その次は 後(右)脚を前に出し爪先を浮かします。

左拳を拳背を上にしたまま構え、右拳を左肘の横に置きます。

爪先を着地させながら左拳を捻り打ちます。

跟歩し、右拳を左肘の下に置きます。

慣れる迄このやり方はやりづらいと思います。

          令和二年十月二十三日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください