八十の三十八  發勁の修得

私のところでやっている發勁の修得法です。

「拳」と「掌打」の二つに限定して紹介します。

まず拳です。

まず發勁の形をゆっくりとなぞります。

ここでは形意拳の崩拳と長拳の馬弓捶を元にしてます。

掌打も形意拳の劈拳と馬弓捶がベースです。

最初はゆっくりと行います。

これが第一段階です。

次は形意拳の五行拳を参考にしながら

素速く拳や掌打を打つ練習です。

前脚のカカトを着け、爪先を浮かします。

パタンと音がするくらい強く踏み下ろしながら

拳や掌打を打ち込みます。

呼氣は鼻から一氣に吐き出します。

大體このレベルまでできるようになりますと 

ある程度自由対打でも使えるようになります。

打たれた相手が腰砕けになるのを良しとします。

この動画では呼氣は利用してません

呼氣の利用が出来るようになるとさらに威力が増します。   

    令和二年十月二日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください