八十の二十九   氣の流れを利用する

この動画では扇風機の位置を変えて

氣の流れを変化させ、

それが實際に吾々にどのように影響を

及ぼしているのかを確かめています。

まず西北と東北に扇風機を置いた場合です。

押されると真ん中の人は簡単に動いてます。

次は西南と東南に扇風機を置いて

風を當てて押してみると見ると

しっかりしています。

このことから次のことがわかります。

拳法の武技を修得する場合 

下肢がしっかりしてる方がしっかりした

突きや蹴りになる訳ですから

基礎はしっかりした方がいい訳です。

すると 西南と東南に扇風機を置いた方が

しっかりした突きや蹴りになるはずだ、

というのは容易に想像できるでしょう。

内功を利用して武技を修得しようとするのに、

氣の流れに無頓着というのはいただけません。

もっと積極的に活用しましょう。

ちなみに扇風機のスイッチを切って無風にすると

また身體がぐらついていますから

この場合の風の有効性は明らかです。

         令和二年七月二十四日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください