八十の二十五  八卦掌の稽古

まず八卦掌の特徴である掌の形を覚えます。

竜爪掌といいます。

竜が掌で珠を掴んだような特殊な形をしています。

この形創るのが難しいらしく 皆 苦労してます。

コツは掌だけで、竜爪掌を創るのではなくて 

肩から臂、手首などを使い、

さらに 肩甲骨も動かして 

腕全體を連動させて創ってみて下さい。

次は大事な歩き方です。

八卦掌は円周上を歩きますが これを円歩式と言います。

ただその前にやることがあります。

足の爪先を内側に向けることを扣歩といい、

外側に向けるのを擺歩と言いますが

この扣歩、擺歩の稽古に三角形の一辺を

停歩しながら歩きます

三十秒ほどジッとしてます。

これは八卦掌の站樁になります。

概ね左回りと右回りで十回づつやります。

さらに正方形の一辺を歩きます。

これは停止なしで連続して回ります。

これをやってから、

それから円歩式です。

脚先を突き出すようにして円周上を歩きます。

八卦掌といったら

この円歩式だと言われるくらいですね。

一周八歩くらいから始めます。

腕を振らず、腰を上下させないようにして歩きます。

足裏は地面と平行に上げて平行に下ろします。

これを平起平落と言います。

或いは起平落扣とも言います。

このような歩き方を趟泥歩と言いますが

吾が國武道でいう摺り足です。

ただしこれは實際には摺るというより

地面スレスレを滑空させるように歩くのが良いと思います。

                   令和二年六月二十六日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください