八十の二十五  八卦掌の稽古

まず八卦掌の特徴である掌の形を覚えます。

竜爪掌といいます。

竜が掌で珠を掴んだような特殊な形をしています。

この形創るのが難しいらしく 皆 苦労してます。

コツは掌だけで、竜爪掌を創るのではなくて 

肩から臂、手首などを使い、

さらに 肩甲骨も動かして 

腕全體を連動させて創ってみて下さい。

次は大事な歩き方です。

八卦掌は円周上を歩きますが これを円歩式と言います。

ただその前にやることがあります。

足の爪先を内側に向けることを扣歩といい、

外側に向けるのを擺歩と言いますが

この扣歩、擺歩の稽古に三角形の一辺を

停歩しながら歩きます

三十秒ほどジッとしてます。

これは八卦掌の站樁になります。

概ね左回りと右回りで十回づつやります。

さらに正方形の一辺を歩きます。

これは停止なしで連続して回ります。

これをやってから、

それから円歩式です。

脚先を突き出すようにして円周上を歩きます。

八卦掌といったら

この円歩式だと言われるくらいですね。

一周八歩くらいから始めます。

腕を振らず、腰を上下させないようにして歩きます。

足裏は地面と平行に上げて平行に下ろします。

これを平起平落と言います。

或いは起平落扣とも言います。

このような歩き方を趟泥歩と言いますが

吾が國武道でいう摺り足です。

ただしこれは實際には摺るというより

地面スレスレを滑空させるように歩くのが良いと思います。

                   令和二年六月二十六日

八十の二十四 站樁のときの馬歩の歩幅  

站樁の時の足の位置で

功を積めるか否かが決まってしまいます。

自分に合った歩幅がわかったら

メモをして控えておいてください。

この馬歩の場合、

足の内側のラインが平行になるようにして立ちます。

一方 空手の騎馬立ちでは足の外側のラインが

平行になるようにして立ちます。

このことをあまり疑問にも思わなかったのですが、

空手の騎馬立ち風に

足の外側を並行にして站樁をやってみたら

これがいいんですね。

という訳で私の所でも 

站樁のときは足の外側のラインを平行にしてやるように

変えます。

この站樁なのですけど 

私が太極拳を始めたての頃、もう半世紀ほど前のことなのですが

こんなハナシを師匠がしてくれました。

「昔ある人が太極拳を習ってたが 

いつまで経っても站樁しか教えてくれなかった。

来る日も来る日も

站樁の細かな修正ばかり。

とうとう嫌になって逃げ出したそうです。

ところが途中で追い剥ぎに出会って

身ぐるみ剥がされそうになったのだそうです。

その時咄嗟に出たのが站樁の抱玉式。

相手は血を吐いて倒れたとか。

その時 なぜ師匠があれほど粘り強く站樁を教えたのか覚ったそうです。

慌てて師匠の元に取って返し、

さらに数年修業を積んで大成したそうです。」

この話を聞いた私はしめしめ、これはいいことを聞いた、

これで強くなれる とばかり修業したのですが 

なぜか強くなれませんでした。

何故なのかは

長いことわかりませんでした。

それがやっとこの間 これなら間違いないと解ったのが

歩幅と重心の位置関係なのです。

站樁の時 歩幅と重心の位置さえ正確なら

確かに両手を突き出すだけで相手を突き跳ばせます。

よろしく修業に励んでください。

     令和二年六月二十日

八十の二十三    歩幅

土台のことです。

通常 正拳や手刀、猿臂など上体のことには

興味を持つのですが、

それを支える下半身の事については 

殆ど関心がないように見受けられます。

まあよく解らないというのもあるかもしれませんけど。

せいぜいしっかりしてたら良い、という

くらいのものです。

余談ですが野球などのプロスポーツ界や

相撲、柔道などの格闘技界ですらも

下半身を徹底的に鍛え上げてる人は

ほんの一握りのようです。

話を戻します。

一応 私のところでは 肩幅を基準としてます。

太極拳の馬歩は  肩幅の〇・九倍

弓歩では     肩幅の一・四倍

形意拳の三体式では肩幅の一・一倍 とします。

なお體格により多少変動します。

では次に重心の位置です。

馬歩の場合  カカトの前、土踏まずの後ろ半分に

重心を墜とします。

弓歩の場合  前脚に八割、後脚に二割 體重をかけます。

三体式の場合 前脚に三割、後脚に七割 體重を掛けます。

歩幅と重心の位置を正確に取れば

技の効き目が格段に良くなるはずです。

  令和二年六月十三日 

八十の二十二  素振り

この動画は遊び稽古の一つとして楽しんでください。

これはちょっと場違いみたいに思われるかもしれませんが 

實際に振ってみると 中々思う様には振れないものです。

動画のように 軽く力を入れずに振っても

早く振れるのはなぜかと言いますと

手首の振りを極力しない、

所謂 スナップを使わないようにしてるからなのです。

なぜスナップを使うのがまずいのかというと 

スナップを使うと 

動きが二段階の動きになり遅くなるのです。

一方、スナップを使わない振りでは 

一調子ですから二調子の動きより一つ少なくてすみますから

その分早くなるという訳です。

この稽古の意味は動きの質を高めるためのものということです。

正拳突きの場合でも、

強く突こうとして體幹を前に押し出して 

その為に突きが遅くなっているのを勘違いして

腕力を鍛える筋トレをしているのを見受けます。

努力の方向が間違っているのではないのか、

と思いますね。

寸勁もこのような動きの質を高めることで 

容易に身につけられます。

筋力ではなくて意念で拳を突き出します。

この時 意念を一旦、下腹部の丹田に墜として

圧縮してその反発力を利用すると良いと思います。

         令和二年六月四日