八十の二十一 砂糖の味は・・・・

八卦掌や太極拳の場合、空手や長拳と違って 

稽古がゆるやかな動きにしか見えませんから、

部外者はもとより

稽古をしている當の本人でさえも

これで本當に役に立つのか

疑問に思ってる人はいますよね

その疑問は至極まっとうだと思います。

私も三十年ほど解らなくて不安でした。

氣とはなんぞや

という一番肝腎なところが抜けているのです。

喩えが適當かどうか分かりませんが

「料理に砂糖を使え」と言われても、

砂糖という言葉は知っていても

砂糖を見たこともなく触ったことも、

味も分からないのでは 

いったいどの様にしていいものやらわかりませんよね。

だいたい何の為に砂糖って使うの、

ということですね。

ですから武技で「氣を使います」と言われても

「氣」が解らないのでは 

その武技が氣を使っているのか、

使っていないのか不明ですよね。

同じ様に見える突きにしても 

氣を使っている時と、

使っていない時とどう違うのか、

あるいは違わないのか、

違うのならどう違うのか、

違わないのならなぜ違わないのか、

それなら氣と力の間にはどんな関係があるのか等々、

みんなが抱く疑問は山ほど出て来ると思います。

今までは解決の緒すら見つからなかったので、

「健康法」だとか「スポーツ」だとか

マカ不思議なものだということで

お茶を濁しているのが實状です。

八卦掌や太極拳、形意拳などはもちろん、

吾が國の武術でも氣を使うものはありますが 

どうしたら氣を感じられるのか、

どの様にして氣を強化できるのか、

自在に氣を操るのにはどの様にするのか、

のメソッドは無いに等しいのです。

私は「氣」の理解には

風水を学ぶのが一番手っ取り早いと思います。

風水の理解があれば陰陽とか

五行とか易とかも理解できますから、

まあ何とか出来るのではないかと思います

 

何となく砂糖の味もわかろうというものです。

   令和二年五月二十九日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください