八十の二十 立てば芍薬

この写真はウチの庭のシャクヤクです。

なかなかのものですな。

さて八卦掌では身體から練り上げますが

呼吸と合わせて「練」から「錬」へと質を向上させていきます。

円歩式も一つの單円式から

二つの雙円式へと。

これは「∞」のように歩きます。

これで練りの質が格段に向上します。

それから三つの円で。クローバーの様式です。

ダブルで行いますから

ダブルクローバーリーフに向上させます。

文章での説明は難しいので省略します。

さらに五つ、七つ、最後に九つとなりますが

それぞれ五つは梅花、七つは七星、九つは九星ですね。

説明は面倒ですので省略。

     

おまけです。

九星の順番は 河図洛書から借用しました。

「にくしと思えば、七五三、六いち坊主にハチがさす」

詳しくはウチの教室で直接教えます。

          令和二年五月二十三日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください