80-18  練功法とは氣を溜めること

私のところでは氣とはエネルギーのことであると

定義付けております。

異論があることは承知しておりますが 

私のところでは一応そういうことにしております。

そのエネルギーを蓄える方法として

筋骨を鍛えてエネルギーを発生させるやり方と、

意念と呼吸を使ってエネルギーを発生させるやり方が

あるようです。

これは動作に呼吸を合わせながら意念を誘導して

エネルギーを発生させると言ってもいいでしょう。

また 意念をツボに誘導させると

もっと大きなエネルギーを発生させられるようです。

ここらへんは私も初歩的なレベルでしか理解していませんので

これくらいにして置きます。

      令和二年五月九日

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください