80-17  練功法はなぜ必要か

拳法では功を積むとか、功が深いとか言います。

この「功」と言う概念が吾が國にはありませんので

その意味を正確に理解することはかなり難しいですね。

通常は功ではなく功夫を積むとか、

功夫が深いとか言います。

功夫はクンフーとかカンフーとか読みます。

そのクンフーを積むことを練功法という訳です。

さてこの練功法というやつですが 

これは實際に拳法を護身に使わなければ必要ないでしょうね。

例えば太極拳の單鞭の型で相手を打ち倒そうとします。

ゆっくりやっても効きませんし、

速くやっても、

力を込めてやっても効き目はないでしょう。

普通の太極拳教室では「こうやって使います。」でおしまいです。

何せ使おうとも思ってないし、

使えるとも思ってないのですからのですからね。

まあ無理もありませんけど。

しかしクンフーが深いと單鞭は恐ろしい効果を発揮します。

よくて肺湿潤、

下手をすると内臓破裂を引き起こします。

功は錬るのと積むのとではその性が微妙に違います。

また 功が深いとか浅いとか言います。

高いとは言わないようですね。

さらに筋骨を鍛えて

体の外側から功を積んでいくものを外功と言い、

意念と呼吸を伴った動きで

體の内面から功を深めていく内功があります。

形意拳では功を積む感じがしますし、

八卦掌では功を錬るような動きが多いですね。

太極拳はどちらの感じもあるからその中間くらいかな。

單なる健康法や舞踊体操に錬功法が必要ないのを

登山に例えて説明してみます。

ハイキングや百メートルくらいの山を登るのに

登山準備は不要ですが

三千メートル級の山に登るのに準備無しでは無理ですね。

ましてやこれが八千メートル級のヒマラヤとなると

高地馴致にかなり時間がかかります。

高い山に登るのには體を馴らし

作り変えていかねばなりません。

この體を馴らし作り変えていくレッスンに相当するのが

錬功法という訳です。

という訳で練功法で功が深くなった人の打撃は

かなり危険なモノになってるのです。

外功法はまだ取り付きやすいのですが

内功法は普通の人には雲を掴むようなものでしょうね。

  令和二年四月三十日

80-16   ゆるめる

八卦掌の円歩式は我が国でいうところの

いわゆる摺り足で歩くのですが

踵を浮かして歩くと 膝に負担がかかることがあります。

そこで膝を抜くように歩くことを思いつきました。

膝を緩めると身體を柔らかく動かすことができます。

さらにこれは身軽に動けるということでもあります。

八卦掌の円歩式でずっと踵を浮かして歩くのは

結構大変なのですが 

これはそのうち慣れてもらうしかありませんね。

身軽に動くというのは軽身功の稽古になります。

また撓やかで身をくねらせる動きも上達します。

相手の體に巻きついて崩したり、

弾き跳ばすこともできます。

関節技も上達しますね。

まあいいことづくめなのですが

身につけるのに時間が掛かるのが難点ですかね。

あとこれはヨガでもそうなのですが

体質的に向き不向きがあります。

力を使わないシンクロなどの體術、

氣功など体質的に向き不向きがあるのです。

初歩的なことでも受け付けないことがあります。

本人の努力でもどうすることも出来ないことなので

早めに見切りをつけることが望ましいですね。

   令和二年四月二十五日

84-15 キャンディーズ効果

昭和の御代、キャンディーズという女の子の人気グループがありました。

國民的な人氣アイドルグループです。

しかし、このキャンディーズはデビュー當初から

すごい人氣アイドルグループだった訳ではありません。

途中から三人のメンバーの立ち位置を変更したら

人氣が急上昇したのです。

當初は向かって左からラン、スー、ミキの順だったのです。

歌唱力からいえばこれがベストなのですが

人氣はいまいちでした。

これを左からミキ、ラン、スーに替えて大ヒットしたのです。

この當時の写真からもその氣の凄さが感じ取れます。

 

さてこの動画でも向かって左から

A、B、C、の順に並んでいるとエネルギーが強いのですが

左のAはそのままにしてBとCを入れ替えて 

A、C、Bにすると弱くなります。面白いですね。

                 令和二年四月七日

80-14 武漢発の新型コロナウィルスの厄介なところ

今日もテレビは武漢発新型コロナウィルスの話題で持ち切りですが

氣がついたことを書いてみます。

まず毒性ですが通常のインフルエンザと比べても

それほど際立って強い訳でもないようです。

致死率もインフルエンザよりやや多いくらいです。

もちろん 軽く見ることは厳禁ですが。

では 何が際立っているかというと

それは感染してから発症するまでの時間です。

インフルエンザは感染から発症するまでの時間が

大体24時間くらいなのに対して、

武漢発新型コロナウィルスの場合は2週間。

この発症するまでの時間の長さが厄介なのです。

というのは自分が感染していても氣がつかず

あちこちにウィルスをばら撒いて歩いている訳ですから。

これは時限爆弾をばら撒いているようなものです。

すぐ発症するならまだ対症しやすいのでしょうが、

これが2週間前となると手の打ちようがありません。

人々は疑心暗鬼になります。

結果として重大な社会不安を引き起こします。

この武漢発新型コロナウィルスのもっとも大きな毒性は

全世界規模の社会不安を引き起こしていることではないでしょうか。

令和二年四月二日