80-13 流れに乗る

氣は流れたり、滞ったりしてます。

また流れていても 整っていたり、

乱れていたりしてます。

 

整った流れに乗ってる時は物事がスムーズに運びます。

勝負の場合でもうまく流れに乗ってる方が

勝ちをおさめます。

 

そこで實際に勝負事を始める場合、

戦いを始める前に自分の氣を整えます。

 

それらは一見すると単なるセレモニーにしか見えませんが

重要な意味を秘めてます。

 

套路や型もまた然りです。

さらに套路には氣を蓄えるものまであります。

 

ただ誤解しないでいただきたいのですが 

套路や型は格好だけ真似をしていたら良いという訳では

ないのです。

自ら意識して「念」を集中しないと

氣を整えたり蓄えたり出来ません。

 

これが出来たら

次は相手の意識の集中を妨げて氣の流れを乱したり、

蓄えられてる氣を削ぎ 減らし、無力化します。

 

ここまで出来たら、闘う前から勝ったも同然です。

という訳で 自分は氣の流れを整えてそれに乗り、

相手の氣を削いだり、乱して制圧します。

闘わずして勝ちを治める上策です。

 

また合氣道の技法は流れに乗るというより、

氣をシンクロさせる要素が多いように見えますね。

 令和二年三月二十七日

80-12 氣を整える

人間の髪はホコリや臭いを溜め込みます。

が、それだけではなく氣も溜め込むのです。

シャワーを浴びて髪を洗えばホコリや臭いは洗い落せますが

(多分 溜め込んだ氣も)それだけでは不十分なのです。

ふつう髪を洗ったらどうしますか?

乾かしてそれから整えますよね。

なんで? 

ブラシで。

という訳でブラッシングします。

このブラッシングには髪を整えるだけではなくて

頭部の氣も整える効果も期待出来ます。

ブラッシングによる頭部の氣を整える効果

を動画にしてみました。

さらには床面の氣を箒で整えてその効果も試してみました。

髪のブラッシングより、

床面を箒で掃く方が効果は大きいようです。

大相撲などで土俵を箒で掃いているのは

氣を整える意味合いもありそうですね。

           令和二年三月二十日

二十二日の日曜日の稽古は 府知事のお願いもあり 

武漢発の新型コロナウィルス感染予防のため

急遽中止いたします。

80-11 カカトをあげる

八卦掌では 平起平落というわけで

カカトを上げずに動くようにしていたら、

どうも膝を悪くしたようです。

正座もままならなくなってしまいました。

それである時から爪先立ちで歩くようにしています。

ただカカトを上げ過ぎるとしんどいので

紙一重くらいに上げています。

これで八卦掌の円歩式を稽古しています。

そこで氣がつきました。

 

これは泥歩ではないのか、と。

 

それまでも泥歩の稽古はやっていましたが 

泥濘というのがいつでもある訳ではないし

泥濘が無かったら泥歩の稽古そのものが出来ないしなぁ、

と頭を悩ませていたのですが

このカカトを紙一重浮かすやり方だったら

どこでも出来ます。

稽古の後の洗濯もしなくて良いし、

良いこと尽くめです。

武術的な意味合いもハッキリしてきました。

我が國古来の摺り足も 

この泥歩と同じ意味合いなんだとよく解ります。

つまり摺り足もカカトを紙一重浮かすやり方が

より効果的なのではないかという訳です。

この摺り足で運足して一撃すると

體重が載るので威力が倍増します。

           令和二年三月十二日

80-10 迂回して打つ

拳法に避正斜打というのがあります。

 

正面を避けて斜めを打つというのですが

これを型で表現してみました。

もっとも解りやすいのが膝拗歩です。

このやり方は 初歩的な解りやすいやり方

で行っています。

 

これ以外にも もっといろんな方法があるはずです。

 

もう一つは拗歩崩拳です。

このようにして打つと相手は避け難いのです。

もっと小さくズラして(避正斜打です)打てるよう

になると面白いくらいに極まります。

                 

 

                       令和2年3月7日