八十の八 掌打の代用

手指の第二関節を折ります。

指の第一関節と第二関節の間の骨、

中節骨で叩くようにして打ちます。

手のひら側で打つようにして使います。

小指の第二関節の側面で打ってもよく効きます。

掌打が使えるようになるまで

私の所ではこれを掌打の代わりに使っています。

また貫手の代わりに第二関節で突いてもよく効きます。

八卦掌の套路をこの拳と掌の中間みたいな手

(空心拳とも言うようですが仮に名前を叩掌とします)

で稽古してみても良いですね。

実際の使い方は動画を参考にしてください。

                           令和二年二月二十二日

日曜日の稽古はしばらく都島で午前中行います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください