80-5 約束組手㈡(立ち方)

もう少し丁寧に見ていきます。

まず最初に断っておかなければいけないのですが

約束組手を始めるまでに絶対に身につけておかなければ

いけないものがあります。

それは何かというと、立ち方(前屈立ち)です。

太極拳では弓歩とも言いますが 

歩幅が左右が肩幅くらい、前後は肩幅の一八倍、

重心は前に五五、後ろに四五にします。

一見何の変哲もないように見えますが、

これが大変な事なのです。

ただじっと立っているだけなら大したことはないのですが

これを前後とか左右に一歩でも動いて、

なおかつ歩幅が左右に肩幅、

前後が肩幅の一八倍、

重心が前後に五 五対四 五という

規定通りに出来てたら大したものです。

さらにこれを前に三歩とか五歩移動しても

歩幅は左右が肩幅、前後は肩幅の一 八倍、

重心は前後が五・五対四・五の一に出来ますか  

前蹴りや回し蹴りの時はどうですか

通常はすぐに崩れるものです。

これがいついかなる時にも出来るようになるためには

立ち方を規定通りに左右は肩幅、前後が肩幅の一・八倍、

重心が前後に五・五対四・五にしたままの左前屈立ちで三十分

右前屈立ちで三十分 合計一時間立ち続ける必要があります。

この稽古を週五回として大体一年ほど続けると良いでしょう。

この立ち方が出来てないと

間合いとか運足がまともに出来ませんから

そもそも約束組手など絵に描いた餅ですね。

                   令和二年一月二十七日

 

二月二日の日曜日の稽古は午前中都島で行います。

午後は休講します。

ホームページは   https://sekijuku.com    からどうぞ

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください