79-54  基本とは功を深めること

我が國では余り言われませんけど

八卦掌の世界では用法や套路よりも

功が深まること、功を積むこと

即ち練功法を重視しています。

 

功などどうでも良い、用法さえ知ってたらそれで充分、

と考えてる人も多いでしょうけど

いくら技を掛けてもそれが効かなかったら

如何しようもありませんからね。

 

功が深くなったら ちょっとした動きで

簡単に相手を倒せるようになります。

 

技は 技の形を覚えることから始まり

初めはぎこちなかったものが

樂にスムーズに出来るようになる、

ここが、スタートラインになります。

技は覚えただけではスタートラインにも立ってないのですね。

 

解り易く突き技を例に説明します。

突き技は肘を伸ばしますから

伸筋である上腕三頭筋を使います。

肘を曲げる屈筋である上腕二頭筋は使いません。

 

突き技の稽古を長く続けていくことで

上腕三頭筋は数多く使われ

ますます発達していくことでしょう。

 

それに反し肘を曲げるための上腕二頭筋は

あまり使われませんから

退行性萎縮を起こして筋量も減少していくことでしょう。

 

これが 技が體を変える、ということです。

 

上腕三頭筋が発達し、上腕二頭筋が退行性萎縮していくにつれ

突き技はますます上達して威力を増していくことでしょう。

その威力の向上した突き技は

さらに上腕三頭筋を発達させ、

上腕二頭筋は減少し、

それによりさらに突き技の威力が増し……。

技が體を変化させ

変化した體によりさらなる技の向上が図られ、

それはさらなる體の変化をもたらし、

と 螺旋状に発達していくわけです。

 

このような事からも

技を覚えても さらに技の稽古をし、

技が體についても

もうこれで良い、終わりということは

ないわけです。

これが 武道、武術は生涯の修業だ、と言われる所以でもあります。

令和元年11月29日

 

今度の日曜日は午前中都島、その後持ち寄りで忘年会をします。

 

ホームページは   https://sekijuku.com    からどうぞ。

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください