79-53 氣功主体の運動と筋力主体の運動の違い

なんか随分長い題名になりましたが今回はこれで行きます。

氣功を格闘術として使う場合は

力むと良くありません。

 

按で押したり、拳打で打ったりするときは

自分の持てる筋力の二割くらいで十分なようです。

勿論、もっと上達したら一割、

あるいは五分以下でも事足りるでしょう。

 

また純粋に氣を練り、内功を深め、功を積むときは

もっと小さく、ほとんど意念のみで間に合います。

ただこの場合、氣が暴走しないように

充分注意する必要があります。

 

ホームページは   https://sekijuku.com    からどうぞ。

 

明日の予定は     通常通りです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください