79-52 いつもと異なった感覚

技をかける場合

筋力そのままで掛ける場合と、

体術を使って掛ける場合と、

氣を使って掛けるのとでは

それぞれ感覚が異なります。

 

もっとも判りやすいのは

筋力をそのまま使って掛けるもので

通常のスポーツや格闘技がこれに當たります。

 

難しいのは體術を使うものと氣を使うやり方の場合です。

 

初めのうちは體術と氣を使うものとの区別がつきにくいのです。

 

一般的には體術を使うやり方の方が

早く身につくようです。

 

これらの技法は筋力を生のままで使うのは

身につかないのです。

ですからスポーツ的な格闘技を身に付けてる人ほど

修得するのに大汗をかきます。

 

殊に氣を用いての稽古は

氣の修得者からの直接的な伝授でないと

まず無理かもしれません。(稀に自得する人もいますが)

 

17日の稽古は8時45分から都島で行います。

午後は休講します。

 

ホームページは   https://sekijuku.com    からどうぞ

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください