79-29 ナイハンチ (R1.6.8)

なんのこっちゃ?ですね。

これ、騎馬立ちのことです。

馬に跨ったような立ち方です。

両脚は馬の腹を挟むようにします。

バイク乗りの間ではニーグリップと言ってます。

空手の世界では前屈立ちとか、後屈立ちという言い方は

昭和の初め頃まではなかったそうで、

ただ単に前屈とか、後屈とかいうだけだったとか。

騎馬立ちの変化技だったそうです。

 

太極拳でいう弓箭歩というのも

もしかしたら馬歩の変化技ではないかと思ってます。

馬歩の立ち方は騎乗するときの脚の形とよく似ています。

陳家太極拳の老架式にある摟膝拗歩の脚も

左右に開いた脚を前に出して拗歩してます。

運動線は真横ですね。

これは馬歩の変化だと思うのです。

 

私が習った太極拳は單鞭の時

斜め後ろに脚を出して斜單鞭と言ってましたが

これも以前は真横に按出してたのではないのかと

思うのです。

また摟膝拗歩の時もジグザグに進むのですが

これも真横に進んでたのでは無いのか、

と思います。

このほうが腰が極まり、股が円くなり、按が効くのです。

気血の流れも良くなります。

明日の稽古はいつも通りです。

ホームページは  http://sekijuku.com   からどうぞ。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください