79-28 カウントダウン(R1.6.1)

前回の補足です。

自分で体験したこととか

自分が理解できてることを他の人に伝えるというのは

いつも困難を伴います。

 

机の前に座って本を読んだり、パソコンを開いたりするのが日課の人と

肉体労働を主としてる人とでは

脳に対する刺激が違いすぎて

脳の発育そのものも異なってるように見えます。

 

ちなみに脳という器官は身体を動かすために発生したものです。

 

生物はクラゲ状のふわふわ状態から進化して

きたのですがちょっと説明します。

 

自分が漂いながらエサを取る状態から

自分で自由に動いて餌を捕れるようにするために背骨が発生しました。

 

背骨ができたことでさらに餌が捕れるようになり

身体の中も充実してきたのです。

 

背骨の動きをさらに巧妙にすることでさらに餌が捕れるようになり、

そうすると、さらなる発達がのぞめるようになり

そのうち背骨の一端が脳として発達してきたものでしょう。

 

ですから脳を使うというのは

もともと運動のためだったのです。

 

今はそれだけではありませんけどね。

 

脳の発育のためなら

運動が、それも下半身を使う運動がいいのです。

足の裏を大地につけてハダシで走り回るのが

脳のためにはいいのです。

 

では今回のカウントダウンです。

 

この元ネタはアメリカのテレビドラマです。

興奮してパニックを起こしてる人を

主人公が鎮めるシーンがあるのですが その方法が秀逸です。

100から0までカウントダウンさせるのです。

 

さらに階段を一段ずつ降りていくのをイメージさせるのです。

そして最後の一段を降りたらパニックが治まるという

暗示を与えてましたね。

上手いものだなあ、と感心しました。

 

太極拳でもリラックスというのはやりますけど

なかなか肩の力が抜けなくて苦労させられます。

しかし、このカウントダウンという方法を使うと

すんなりと行きそうです。

 

明日の稽古は通常通りです。

 

ホームページは

https://sekijuku.com     からどうぞ。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください