79-27 体験智あるいは認識の深さ、厚み(R1-5-24)

武道を学んでいると

色々と考えさせられることがあります。

それは どうしてもっとスンナリ覚えられ何のだろう?

なぜ もっと簡単に身に付かないのだろう?と言うことです。

 

これは体験したことがないものはわからない、

と言うことなのですね。

 

別の言い方をすれば認識に厚みがない、とか 深みがない、

と言うことになります。

 

現代では實際に体験することなく

ネット上での知識だけで済まされています。

と言うことは視覚からの刺激だけで

脳が記憶してしまうのです。

 

當然 その知識は薄っぺらな、

表面的なものだけになってしまいます。

手で触ったこともなく、

實物の大きさもわからず、

その利用法も画一的で、

そのものを眼の前にしても

脳が何の反応も示さない

無感動人間に成り下がってしまうのです。

 

例を挙げてみます。

杉の木です。

現代では杉=花粉症

としてしか反応しない人が多いのではないでしょうか。

 

しかしこれではあまりに悲し過ぎます。

 

杉の木に触れ、

杉の木の元で遊び、

杉を利用してみることです。

 

杉の葉はよく燃えます。

焚き付けになります。

火を起こす時 マッチの火を杉の枯葉に着けると

よく燃えます。

火を起こすのが大変だった時

これは大変重要なことでした。

またその幹は製材して板や柱として重用されました。

杉の幹の皮は剥がして

乾かして屋根を葺くのに利用されました。

私の子供時代は、こんな家でした。

 

杉の林に入ると杉の葉独特の香りがします。

緑の深い、ちょっとヤニ臭い、私の好きないい香りです。

 

5月の天気のいい朝、

杉の葉に露が降りて たくさんの水滴に

お日様がキラキラと反射しているのは

宝石を散りばめているようでした。

 

と、まあこのような体験があると

杉=花粉症 とはならず、

杉に否定的なイメージを抱くこともないでしょう。

 

剣の稽古でも

私の若い頃は剣などは日本中のどこにも売ってませんでしたから

それで杉や檜の板を買ってきて

各自が削って作るしかありませんでした。

するとそれぞれに個性があります。

上手い人、拙い人、荒い人、細かい人

大きく作る人、小さく作る人

などです。

また杉と檜でも微妙に雰囲気が異なります。

同じものは二つとありません。

その剣で套路を学ぶのです。

 

當然自分の作った剣には愛着があります。

 

その剣で覚えた套路にもそれぞれの思い入れがあります。

味わい深いその人独特の套路の出来上がりです。

 

こうして身に着けたものは終生忘れません。

 

この話を聞かれたら早速剣を自作されることを

お勧めします。

自分の思い入れのある剣で学ぶのと

ネットで購入した剣で学ぶのと

その差に驚かれることでしょう。

 

今度の日曜日はいつも通りです。

 

ホームページは  http://sekijuku.com  からどうぞ。

 

 

 

 

 

79-26 殺陣と約束組手(R1-5.18)

若い頃 観た映画に「燃えよドラゴン」と言うのがありました。

ブルース・リー主演のアクション映画で

私も新宿まで3度ほど観に行った記憶があります。

カッコ良かったですね。

 

この間久しぶりに「燃えよドラゴン」を観て

あの頃はこのレベルで喜んでいたのか、と

あらためて感心しました。

 

説明しますと、アクション映画の出演者が

必ずしも武道の経験者ばかりとは限りません。

 

素人はまともに突きや蹴りを入れると

とても受けられません。

それこそ怪我人が続出して撮影中止、となり兼ねないのです。

そこで観客から見ると本物らしく見える様に、

出演者には安全に演じられる様に

少しやり方を変えます。

 

具体的には

相手の急所を狙って当てるのではなく、

相手の受けようとしてる、

手や足に

当たる様にします。

 

チャンバラ映画ですと

相手の身体に斬りつけるのではなくて

相手の刀や棒に当てるのです。

そうすると安全に

しかも上手く受けられた様に見えるのです。

 

これが「剣客商売」の中で無外流の達人「秋山小兵衛」を

「藤田まこと」が上手く演じられた理由なのです。

また「子連れ狼」の「拝一刀」を

水歐流の達人でもない萬屋錦之介が演じられた理由なのです。

 

これに対し約束組手は

相手の身体に当てる様にして突きや蹴りを放ちます。

 

ただし、初心者の場合は攻撃も防禦も

上手くありませんので

相手の身体に届かない様に

間合いを大きく取ります。

すると防禦の方は

威力が弱まってるか、静止してる突きや蹴りを

受ける訳ですから

簡単に受けられる、と言うことです。

 

上達するにつれて間合いを正常にしていきます。

一応 間合いと約束組手の関係を示します。

突きの場合で書いてみます。

初心者  イ、20〜30cm 手前

ロ、5〜10cm 手前

 

中級者  イ、すれすれ

ロ、2〜3cm 喰い込む

 

上級者  イ、10〜15cm 喰い込む

ロ、貫通する様に

 

 

回数は全体を通して2万回から3万回ほど。

通常の素質の人で1日2時間の稽古、

週5、6回で1年から1年半と言ったところでしょうか。

中級者のレベルになりますと

通常の護身には十分役に立ちます。

 

この稽古の場合 力を入れたり

速くしたりする必要はありません。

それは最後の仕上げの段階でやればいいのです。

それまではゆっくり柔らかくやる方が効果があります。

 

今度の日曜日は午前中も都島で行います。

ホームページは

http://sekijuku.com     からどうぞ。

 

 

 

79-25 手指を強くする (R1.5.11)

八卦掌の練功法には重たいものを掴んで功を積む、

と言う練功法があります。

泥土玉掌と五抓石練指と呼ばれるものです。

 

言い伝えではこの練功法の創始者は

八卦掌二世掌門人の程廷華であるとされてます。

 

泥土玉掌は泥の桶の中に双掌を突っ込んで泥を付けて

型を練るもの。

五抓石練指とは石に五つの穴を開けそれを掴みながら

型を練ります。

これにより双掌の鍛錬を行いますが、

通常 毎日やって1年ほどで功が成る、と言われてます。

実際はもっとかかるみたいですね。

 

明日の稽古は通常通りです。

棍や剣はしばらく不要です。

5月19日の日曜日は午前中から都島です。

 

ホームページは  http://sekijuku.com      からどうぞ。

79-24 八卦掌の基本(R1.5.4)

 

まず連絡から。

明日の稽古は休講です。

上の動画は八卦掌の基本的なものを稽古してます。

走圏、と言いますが

三角、四角、そして円で、擺歩、扣歩の稽古をします。

細かい注意がたくさんありますので直接指導を受けることが

望ましいです。

ホームページは https://sekijuku.com   からどうぞ。