79-19 型で何を会得するのか?(H31.4.4)

新元号『令和』おめでとうございます。

 

さて 八卦掌の円歩式では『型』(套路のことです)を演武しながら

身体づくりを、この場合は『腰』ですが、しています。

それ以外にも『型』(套路)の演武が

筋トレになったり健康法になってしまうこともあるのですが

我々の場合はあくまで武道、武術ですから

それに合ったやり方(腰を作ること)をします。

これによって技が格段に上達します。

 

またこの時 全身に螺旋状の意識を巡らします。

 

全身に螺旋状の意識を巡らす時に

それぞれがバラバラのものではなくて

協調して巡らせるようになった時

勁力が一段とパワーアップします。

 

これは日々套路の稽古を繰り返すことによってのみ

会得できるのです。

 

次回の稽古(7日)の大阪城公園は都島に振替ます。

理由は花見客で混雑してるためです。

 

ホームページは

https://sekijuku.com      からどうぞ。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください