79-22 胸鎖乳突筋  (H31.4.25)

いよいよ平成も最後ですね。

さて 今回は胸鎖乳突筋です。

この筋肉は胸の真ん中を上下に通る

胸骨の上部付近から耳の後ろまでを走る筋肉のことです。

首を真横にすれば耳の後ろ付近に浮き出てきます。

身体を半身にする時、この胸鎖乳突筋が浮き出る様にします。

腰の力をそのまま使えます。

單鞭のときこの胸鎖乳突筋が浮き出てると

按勢が効きます。

人が簡単に跳びます。

 

連絡です。5月5日の日曜日は休講します。

令和元年は5月12日から始めます。

 

ホームページは

https://sekijuku.com

からどうぞ。

79-21 靖国  (H31.4.20)

今回は御代替わりということで靖国神社のことを書きます。

私には父の兄(伯父)と弟(叔父)の二人のおじが居ましたが

二人とも戦没して靖国神社に祭神として祀られています。

靖国神社と言うのは国家の為に殉じられた方々を

お祭りする神社のことですが

天皇、皇后両陛下もお参りされる数少ない神社なのだそうです。

通常、天皇、皇后陛下は神社のご参拝はなさらないのだそうですが

伊勢神宮と靖国神社は特別なのだそうです。

あと他にもあったかもしれませんがよくわかりません。

 

 

私など一般の人間が亡くなっても

せいぜい子孫が参ってくれればいい方ですが

靖国神社は違います。

天皇、皇后両陛下(最近参拝なされてない様ですが)

をはじめ政府首脳、外国の要人、軍関係者

一般の方々など たくさんの方々がお参りしてくれます。

 

正直言って嬉しいですね。

 

うちのおじ達も御祭神として祀られてますから。

 

あとは天皇、皇后両陛下の御親拝と

政府要人の参拝があれば

言うことなしです。

 

明日の稽古は通常通りです。

ホームページは  https://sekijuku.com    からどうぞ。

79-20 趟泥歩(H31.4.11)

 

さて八卦掌の練習法の一つに

「趟泥歩」(しょうでいほと読みます)と言うのがあります。

もう少し丁寧に説明してみますと

八卦掌ではまず歩くことで全身を強化していきます。

これを功を積む、と言います。

その歩き方も直線上に歩くのではなくて

円周上を歩きます。

 

これを円歩式と呼びます。

 

この「趟泥歩」と言うのは

この円歩式の一つの稽古法のことです。

 

この円歩式を固い土の上ではなくて、

ぬかるみのような所を歩いて稽古することで、

さらなる全身の強化が図るものです。

 

ぬかるみの中では滑るのが常態化してますから

その中での稽古は全身のバランスの強化が出来ます。

また泥が脚に粘りつき

動きが制約され緩慢になります。

この中で稽古することで功を深めるのです。

 

この様なところでいつも稽古してる人なら

硬い安定した土の上では

さらに数段アップした

動きを見せてくれるでしょう。

まさに野山を駆け巡る竜のごときものになるでしょう。

 

今度の日曜日も大阪城公園の稽古は

都島に振替ます。

 

ホームページは

https://sekijuku.comからどうぞ。

 

 

 

 

 

79-19 型で何を会得するのか?(H31.4.4)

新元号『令和』おめでとうございます。

 

さて 八卦掌の円歩式では『型』(套路のことです)を演武しながら

身体づくりを、この場合は『腰』ですが、しています。

それ以外にも『型』(套路)の演武が

筋トレになったり健康法になってしまうこともあるのですが

我々の場合はあくまで武道、武術ですから

それに合ったやり方(腰を作ること)をします。

これによって技が格段に上達します。

 

またこの時 全身に螺旋状の意識を巡らします。

 

全身に螺旋状の意識を巡らす時に

それぞれがバラバラのものではなくて

協調して巡らせるようになった時

勁力が一段とパワーアップします。

 

これは日々套路の稽古を繰り返すことによってのみ

会得できるのです。

 

次回の稽古(7日)の大阪城公園は都島に振替ます。

理由は花見客で混雑してるためです。

 

ホームページは

https://sekijuku.com      からどうぞ。