79-18 三拳合一(H31.3.30)

三拳合一とは八卦掌、形意拳、太極拳の三拳が

同一の原理で説明できると言うことから

三つの拳法は同根、同一の拳法だ、と言うものです。

 

だから、三つの拳法を一緒にやったほうがいいのでは、

と言われて来ました。

孫禄堂老師あたりが言い出したようです。

 

ただ元々は別の拳法です。

 

私も三つの拳法を教えられて稽古して来ましたが、

あまり深く考えもせず、そんなものかな、

と思った程度でした。

 

それが八卦掌の円歩式を研究してるうちに

もしかしてこのようなことを言われたのか、

と新たな発見がありました。

 

私のところでは八卦掌の円歩式は円の中心に背を向けて

歩きます。

その時 腰は斜めにして歩きます。

ここがポイントです。

腰を斜めにする、つまり半身にするのです。

こうすると歩く時に腰の幅を歩幅にプラス出来ます。

特に正対の時に歩幅が大きくなります。

 

歩く時の注意点としては

背中を前に引っ張るようにし、

腹は後ろに残すようにします。

腹は円の外側に、背中は円の内側になります。

こうすると全身の螺旋がうまく使えます。

 

前脚は外旋し、後脚は内旋させます。

また内側の腕は背中から内から外に捻り、肘を中に捻り入れ、

外側の腕は脇を張り外から内向きに捻ります。

体全体を前から見ると

左右に薄くなります。

 

この状態で太極拳の単鞭をすると

按勢が凄く効きます。

 

形意拳の劈拳をやると

一打ちで相手が弾かれたように跳んでくれます。

 

このことによって八卦掌の稽古で作った腰は

形意拳や太極拳でも使えることが証明されたわけです。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください