79.3 明日の予定 (2679.1.12) 

明日はいつも通りです。

 

さて、型を実際に使う場合です。

 

その前に太極拳、八卦掌、形意拳ではどう闘うのか見ていきましょう。

 

我が太極拳や八卦掌、形意拳では年齢による

体力、反射能力の劣化を想定した

戦闘法が考えられてます。

というのは離れて闘うと体力や反射能力の劣化をカバーし辛いのと

ラッキーパンチを貰ったり、奇襲攻撃を喰らったりしやすいので

密着しての戦いとなります。

 

密着しての戦いとなると、

通常は体力任せの押し合いになったり、

投げたり、

組み合ったり

関節を極めたり、締めたりとなります。

 

それを我が太極拳や八卦掌、形意拳はどう対処したのか?

 

ここのところが理解できてないと

何十年武術をやってもさっぱり・・・・・・となります。

 

ホームページは

https://sekijuku.com       からどうぞ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください