No.70 正、反(日本暦2678.12.3)

物理学の法則で 動、反動の法則というのがあります。

拳法でも突きや蹴りを入れたら

その反動というのが必ずあります。

通常はその反動は逃すか、

無視するかするのですが

中にはその反動を積極的に利用するものもあります。

ここではそれを利用したやり方を説明します。

掌打と拳で試してます。

掌打で打ちます。これが正です。

その反動が返ってきます。

身体の中を通して後脚の踵で受けます。

それをまた掌打に伝えます。これが反です。

この時反動を肩や肘、腰で逃さないようにします。

そのため、初心の内は軽く打った方が良いでしょう。

この打ち方だと自分の発したエネルギーの

3倍以上のエネルギーを発する事ができます。

ホームページは https://sekijuku.com からどうぞ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください