No.75 平成30年12月31日のブログ

今年最後のブログです。

昨日 本年最後の稽古を大阪城公園で行いました。

さいきんの稽古は カラダより意念を重視した稽古が主です。

人体を軽く跳ばすのでもイメージをうまく使って

勁を発してます。

手の平から氣を発する場合でも

イメージをうまく使えるような説明をやり、

それを納得して、

それからします。

ただやっても上手くいきません。

 

稽古の後、最後ということで

モエのシャンパンで軽く打ち上げをしました。

 

それではみなさんいいお正月をお迎えください。

 

No.74 功の評価 (N2678.12.26)

功の深さを重さで評価してみました。

 

もちろん、このままが功の深さを表すものではないのですが。

功とは何か?を知る一助になればと思うのです。

足首に錘を巻きつけて功の深さの代わりとしてみます。

 

重いと打撃が強いですね。

 

これは脚力の強化にはなってません。

動いてないし、持ち上げてもないし、です。

 

片足に2kgを一個づつ巻いてます。

これが10kgとか20kgとかになったらどれほど強いのか。

人体などイチコロかもしれませんね。

 

この重い感覚を

錘が無い状態でも感じるようにします。

 

それが稽古、なのですね。

 

ホームページは https://sekijuku.comからどうぞ。

 

ドジ   (N2678.12.18)

今回は久し振りのどんくさい話です。

 

壁にミシン収納用の木枠を作りました。

 

木材を買ってきて、

ねじり鉢巻で電動ノコギリ、ドリルも用意して。

 

さあ作業開始です。

 

出来あがった木枠に

ミシンを嵌め込んで見て、

入らない。

なぜだろう?

きちんと測ったのに。?

………………………………………………………。

 

暫く考えて、

 

アチャー、

しまった。

板の厚さを考慮してなかった。

せ、狭い。

 

いくら何でもこれじゃ無理だわなあ。

トホホホ😂です。

解体しようにも

無駄に五寸釘で頑丈に作ってるしなあ。

……………………………………..。

 

ではまた。

No.73 稽古の質(N2678.12.15)

まず明日の予定です。

明日は通常通りです。

最近 八卦掌の円歩式を入念にやってます。

細かいところに注意がいくようになり、

内容が濃くなってます。

以前もキッチリやってたつもりだったのですが

やっぱり未熟なせいで全く解ってなかったのですね。

40年も経って自分も上達したなぁ、というのを感じます。

十三式太極拳の套路の一覧と

基本の套路の一覧ができました。

今度配ります。

ホームページはhttps://sekijuku.comからどうぞ。

No.72 功を積むという事 (N.2678.12.12)

 

 

 

この動画では形意拳の崩拳を例にとってます。

腰が半身になっているという事、

跟歩をしっかり使える事、

纒絲ができてるという事、

打杭ができてるという事、

これらが功が深いとか、

功を積んでる とかいう事になります。

では功とは何ぞや?と問うと

功とは体力の一種という事になります。

通常言う体力とは筋体力の事です。

その上が骨体力、

その上が神経体力、もしくは意識体力という事です。

あ、これは私の造語です。

意識体力が深いとか、強い、とかいうのを

功が深いとか、功を積んでるとか言う訳です。

ホームページは https://sekijuku.comからどうぞ

No.71 明日の稽古(N.2678.12.8)

明日の稽古はいつも通りです。

先日テレビで米兵役の米国人を見ましたが

なんか変ですね。

仕草が日本人みたいだし、

足を組んでも違和感があるし。

日本人の中で暮らしていると日本人ななってしまうのかなあ。

顔つきは ガイジンさん なのにねえ。

ホームページは https://sekijuku.com  からどうぞ。

No.70 正、反(日本暦2678.12.3)

物理学の法則で 動、反動の法則というのがあります。

拳法でも突きや蹴りを入れたら

その反動というのが必ずあります。

通常はその反動は逃すか、

無視するかするのですが

中にはその反動を積極的に利用するものもあります。

ここではそれを利用したやり方を説明します。

掌打と拳で試してます。

掌打で打ちます。これが正です。

その反動が返ってきます。

身体の中を通して後脚の踵で受けます。

それをまた掌打に伝えます。これが反です。

この時反動を肩や肘、腰で逃さないようにします。

そのため、初心の内は軽く打った方が良いでしょう。

この打ち方だと自分の発したエネルギーの

3倍以上のエネルギーを発する事ができます。

ホームページは https://sekijuku.com からどうぞ。

No.69 稽古の量(日本暦2678.12.1)

明日の連絡です。

明日は大阪城公園、都島共に通常通りです。

気功法でも円歩式でもそうですが

ある程度の量をこなさないと役に立ちません。

しかし、これは初心のうちは大変な事なのです。

量は必要なのですが

体が持たないのです。高々、15分ほど立ってるのでも

毎日してると膝が痛くなることがあります。

この時は涙を呑んで

稽古の量を落とさなければなりません。

円歩式でも千歩くらいの量でも

膝や肩、上腕部を痛めることがあります。

結構重症化してることがあります。

仕方がないのでカラダ作りから始めなくてはなりません。

無理をしないで地道にやることです。

時間がかかりますね。

ホームページは下記の通りです。

https://sekijuku.com