No.57 日々の稽古(H30.9.29)

まず明日の稽古予定です。

明日は台風のため都島で午前中のみ、稽古します。

参加される方は安全に注意して

帰路の交通手段を確保してから

参加お願いします。

 

最近氣功の稽古をしてると感じることがあります。

身体に合わない、

と言うか適合しない練習法がある、と言う事です。

通常の身体を動かすだけの稽古でもそうですけど

内功法、氣功法をやってるとそれが顕著に身体に現れます。

 

私の場合では歯に現れます。

奥歯が浮いてガタガタになり食事も満足に取れなくなります。

以前氣功の稽古の失敗で入院したこともあります。

 

まあそのおかげで間違った稽古をしてると言うことが

すぐ解ってそれはそれでいいのですが。

 

これが正拳中段突きとか前蹴りとかでしたら

そんなことが一切現れないのが 不思議ですね。

こんなことはここ二、三年前からよく現れてます。

ホームページはhttps://sekijuku.comからどうぞ。

 

No.55 大阪城公園(H30.9.17)

 

 

このあいだの台風で大阪城公園も大きな被害を受けました。

木々が倒れ、あるいは裂け惨々たるありさまです。

この日は散乱してる足元の枝や木々を片ずけ、

倒木を避けて稽古しました。

南方と南東からの強風で倒れたりしたようです。

頭上が明るくなったのは『吉』と言うべきか。

 

ホームページはhttps://sekijuku.comからどうぞ

 

No.54 五木村の朝(H30.9.15)

 

今回は私の故郷の動画です。

朝霧が出てます。

 

今はもうありませんが私の通った小学校は

ここら付近にありました。

父も姉たちも妹たちも通った小学校です。

 

私の家はこの動画の天辺、山頂付近にありました。

今見ると山が深いなあ、と思います。

この山の中が私の遊び場でした。

小学生の頃学校から帰ると木登りが遊びです。

この山の頂上から川の近くの小学校まで

木の枝から枝を伝い、樹上から一度も地面に降りることなく

学校まで登校してたのもいい思い出です。

まるで、サルの親戚みたいですね。

 

明日の稽古はいつも通りです。

 

HPはhttps://sekijuku.comからどうぞ。

 

No.53体罰と指導 (H30.9.7)

最初に 今度の日曜日(九月九日)は休講にします。

 

TVで体罰と指導についてやってますので

私見を述べます。

 

まず効果でみます。

体罰で効果が上がるのか?上がらないのか?です。

 

これは個人差が大きいですけど

一般的にいってレベルが低いものはそれなりにあるようです。

しかし高度な内容のものを指導しようとすると

当たり前ですけど効果無し、です。

 

例を挙げますと

太極拳の化勁です。

いくらぶん殴っても蹴飛ばしても

理解が深まり、

体がいうことを聞いてくれるまでは、できません。

掌打でも発勁でもそうです。

 

レベルが上がれば上がるほど

暴力的な指導は効果が無くなります。

体操の指導でもそうでしょうが

要は、コーチと選手が同じイメージを共有できるかどうか、

なんですね。

 

一つの技の動きとか、形をイメージするのを、

弟子と師匠が共有出来ると

うまく指導が出来た、

ということになるのです。

 

あとはそのイメージ通りに動けばいいわけですからね。

 

通常は弟子のイメージ能力が低いから

師匠がそれをなんとか伝えよう四苦八苦してるのです。

そこまではいいのですが

師匠のイメージ伝達能力が低いと

それをカバーしようとして

怒鳴ったり、げんこつを食らわしたり、

蹴飛ばしたり、張り倒したりとなるのです。

 

本当は 師匠たるものの役割、仕事は

師匠自らの考え方とか、動き方、形などの認識を

他人たる弟子にいかにうまく伝えるか、に尽きると思います。

 

他人に自分の思ってることをうまく伝達する、というのは

思ってる以上に大変なのですね。

 

ではまた16日にお会いしましょう。

 

ホームページはhttps://sekijuku.comからどうぞ。

 

 

No.52 砂環水抱の形(H30.9.1)

風水でいう吉相の四神相応というのを試してみました。

ここでは砂環水抱という形を試してます。

動画では解りづらいかもしれませんがご了承ください。

まずは良い方で「蔵風」ですね。

周りを囲まれています。

 

次は良くない方で

「隔角煞(かくかくさつ)」、「先角衝射(せんかくしょうしゃ)」とも言います。

立ってる人のパワーに影響します。

 

次は蔵風のもっと良いものです。

「砂環蔵風(さかんぞうふう)」というものです。

風水では北を背にして、南面します。

これが基本の考え方です。

その場合 東側が青龍、自分の左側です。

西側、それが白虎となります。右側です。

詳しい説明は風水の本をご覧ください。

 

ブルードラゴンとホワイトタイガーですね。

これに護られてると強いのですね。

しかもややブルードラゴンの方が優勢なのが良いのです。

 

ホワイトタイガーが強いのはカカア天下ですか(失礼)。

 

明日の稽古はいつも通りに行います。

ホームページはhttps://sekijuku.comからどうぞ。