No.51 含胸抜背(H30.8.21)

これは氣功法とか内功法では重要な身体操作法の説明です。

「含胸抜背」と「沈肩墜肘」、「氣沈丹田」の三つでワンセットです。

 

含胸抜背が、そのほかの二つもですけど、

きちんと出来てない人が多いのは驚きます。

 

初心者は入門の時にキチンと指導されてるはずなのですが。

 

ただ恰好が似てればそれでいいのでしょうか?

まあそんなことを言っても始まらないので説明しますね。

 

鎖骨が胸部の上に二本あります。

一端は胴体の前で胸骨にくっ付いてます。

もう一端は肩関節の方に付いてます。

その肩関節の方の鎖骨が前に出るようにします。

上から見るとV字になるようにするのです。

 

肩甲骨も胴体の後ろから横の方に動かします。

この状態を含胸抜背と言います。

この状態の時、

胴体と鎖骨の間に盃一杯ほどの窪みができます。

 

この恰好をすると胴体の胸部付近が圧迫され

内臓の圧力が下方に押し出されます。

すると臍の下、丹田が充実して来ます。

この状態を「氣沈丹田」と言います。

慣れたらただ意識を下腹部に送るだけで出来るのですが

初心のうちはこのようにして稽古します。

 

肚に氣が落ちると

押されてもしっかり立ってられますし、

自分が押すと相手が跳ばされます。

 

太極拳とか八卦掌、形意拳の秘密の一つですね。

ホームページはhttps://sekijuku.comからどうぞ。

No.49 纏絲、もしくはバックスピン(H30.8.13)

用意不力で極める。

太極拳では力を入れずに軽く動きますけど

実際にはどうなのでしょうか?

本当は力を入れ、早く動く?

それとも?

 

答えはやっぱり軽くゆっくり動くです。

 

太極拳、八卦掌、形意拳では力を入れない方が

技の効きは良くなります。

 

これは余分な力を入れない、とか

力まない、とかいうレベルの問題ではなく

実際にこんなので技が効くわけないだろ、

という

ありえねーレベルなのです。

 

勿論、初心の段階では力も入れるし

早くも動くし、なのですが、ね。

 

そうしないと稽古にならないからです。

 

しかしある程度 技量が上がって来ると

力を入れず、

ゆっくり動く方が技が効くようになります。

 

これを「用意不力」と言います。

力を使う替わりに意念を使うのです。

 

この動画でも手の甲を軽く押し付けるようにして

ヒネってます。

纏絲勁を使ってますが

力むと使えないのですね、これが。

 

動画の中でも手のひらを抑えて動か無いように

固定してますが

それでもやっぱり動けるのです。

エヘヘへ。

すごいですね。(自画自賛)

 

これに気づいた人は凄い、ですね。

チョッピリ尊敬します。

 

尚、ゆっくり動いてるのに

早い動きに対応できるのはなぜかと言うと

目の着け所が違うのです。

先端ではなく付け根付近を見るのです。

パンチそのものではなくて

パンチを打つ時の肘とか肩に注目するのです。

 

あと心理的なものになりますが

ゆっくりしてると細かいところにも注意が行き、

軽く素早く動けるようになるのです。

自分の主観ではゆっくり動いてると思うのですがねえ。

 

ホームページはhttps://sekijuku.comからどうぞ。

No.48 明日の連絡(H30.8.11)

明日の稽古は通常通り行います。

この動画は大台ケ原の山上駐車場付近で撮影しました。

8月7日 気温二十度。標高1400m?

霧が出てまして涼しかったですね。

霧の深い時は1m先も見えないほどです。

ですから道路から外れると迷うことがありまして

遭難防止のため道路のそばで撮ってます。

No.47  竜爪掌(H30.8.6)

竜爪掌の具体的な習得法です。

テニスボールを使って説明してます。

普通の掌打は掌の中心 ー労宮と言いますー を

使って打つように言われますけれども

私のところでは手刀と掌底の 合いの子みたいにしてます。

 

動画を見て気がついた方も多いと思いますけど

軽く打ってください。

強く力を入れて打つと 何故か効かなくなります。

掌には縦方向と横方向のアーチがありますが

そのアーチの弾力を利用して打つのですね。

 

ちなみにこの打ち方で

硬いものを打っても効きません。

レンガやコンクリートブロックも割れません。

 

しかし柔らかいものにはこの打ち方が一番です。

 

柔らかいものを柔らかく打つと

柔らかい物の内部で波が起こり

波動が伝わるのだろうと推測してます。

ホームページはhttps://sekijuku.comからどうぞ。

 

 

No.46 明日の連絡 (H30.8.4)

明日の稽古は通常通りです。

お待ちしてます。

 

耳寄りな情報を一つ

この夏は猛暑ですね。

寝苦しい。

それでベッドをやめて床にゴザを敷いて寝てます。

涼しいのですが思わぬメリットが一つ。

それは腰が痛くないのです。

今までは時々腰痛を発症してましたが

それがピタリと止まりました。

すごく快調です。

身体が軽い。

 

ホームページはhttps://sekijuku.comからどうぞ。