No.39 練功法の比較 (H30.7.3) 

まず断っておきますが

これは私が理解出来てる範囲での比較になります。

 

色々な練功法の効果を試して見ます。

 

肱を曲げて立ってもらい、

その手首を掴んで引っ張ります。

その時の肱の伸び具合で試します。

 

一、四股を踏む。震脚ですね。

二、腰を創る。半身です。

三、腰を沈めます。沈身です。

四、身体を練ります。練身です。

 

一応この四種でやって見ました。

 

それぞれに効果がありましたが

このテスト法では 四股を踏むのと

身体を練る方法が効果が高かった様です。

 

特に身体を練る練身法は効果が顕著に現れました。

以上です。

ホームページはhttp://sekijuku.comからどうぞ。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください