No31. 引進落空 (H30.5.14)

我が国では無足の法とか水鳥の足とか

はてまた 縮地の法とも言われてます。

動画では分かりにくいかもしれませんが

両足を引き上げるようにして小指で相手を圧してます。

これにより相手を簡単に崩す事が出来ます。

相撲の取り組みでこれを使うと簡単に勝ちを制します。

昔の相撲取りは相手に組ませなかった、と言われてますが

あれは張り手とか叩き落しではなかったのですね。

組んでも突いても自由自在です。

 

ホームページはhttp://sekijuku.comからどうぞ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください