No.23 技を身につける(H30.4.5)

私のところでいつも言ってることですが

また同じことを言います。

 

技はいくら丁寧に習っても、

教えてもらっても

身につかないのです。

 

極論かもしれませんけどそうなんです。

 

技がモノになるにはそれなりの条件があります。

 

新しい技を身につけるには、

つけられるだけの準備が必要です。

前提条件と言ってもいいでしょう。

 

別の言い方で説明します。

 

我々の身近にあるものでいいますと

スマホですね。

この使い方や原理を理解するには

まず携帯電話とかパソコンの知識が必要です。

電話というものを見たことも聞いたこともなければ

携帯電話を理解することは無理ですね。

ましてやパソコンなどもってのほかです。

自由に扱えなくても

携帯電話とはこんなものだ、

パソコンとはこんなものだ、

という一般的な知識はいるでしょう。

それが解ればなんとなくスマホのこともわかるでしょうね。

 

武道、武術の場合も似たようなものです。

合気道とか太極拳、八卦掌、形意拳の術理を理解するためには

通常の拳法とかボクシング、レスリングのことが

ある程度解ってなければ難しいでしょうね。

さらには「氣」のことはかなり解ってなければいけません。

 

力で投げるのと、

術理で投げるのとの違いがわからなければ

この場合は術理とは「柔」のことを言います。が、

力で技をかけるのと

柔で技をかけるのとの違いがわかるのは

最低限必要です。

 

すると、太極拳の技がなぜ効くのか

あるいはなぜ効かないのか、がわかります。

また術理で効かせるのと

「氣」で効かせるのとどう違うのか

あるいは違わないのか、も

わかる必要があります。

 

ちなみに太極拳のあの柔らかい動きで技がかけられるのか

打っても効くのか疑問でしたが

最近やっとわかりました。

あの柔らかい踊りのような動きで

十分役に立つのです。

すごいですね。

 

HPhはhttp://sekijuku.comからどうぞ

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください