No22 抱玉式、三円式についての説明(H30.3.28)

いわゆるタンチュン、站とうのことです。

 

ウチでは抱玉式とか三円式と呼んでいます。

 

ところがこの抱玉式、実は大変なシロモノでして

細かい注意が山ほどあります。

 

毎日師匠に習って三年はかかろうかというものです。

毎回、毎回、同じような注意を受けます。

 

体の筋肉の付き具合がかなり特殊なので

一つの態勢、姿勢ができないのですね。

正しい姿勢をするとキツくてすぐ疲れます。

というか力まないとその要求する姿勢ができないのです。

 

ところがあろうことか

その姿勢で体を緩めろ、と注意されるのです。

当然 緩めると形が崩れます。

すると修正されます。

修正されるとキツくて疲れます。という具合ですね。

 

それで三年以上かかるのですね。

 

では動画をどうぞ。

 

正しく出来るととても強いのです。

もうこれだけで他のものはいらない、というくらいですね。

 

健康法の氣功でもこのポーズをしますけど

要求される目的が異なりますのでそのままでは使えません。

やはり それ専用のものを学ぶ必要があります。

 

HPはhttp://sekijuku.comからどうぞ

 

No21 組手の考え方(H30.3.20)

樂鍠關塾における組手対打の基本的な考え方の説明をします。

拳法の本に書かれている方法でやって見ましたが

どうもイマイチでしたので自分で勝手に考えました。

 

実際の戦闘というとやはり戦場での戦闘でしょう。

例として米軍の戦闘に例を取ります。

空軍機による空爆を考えて見ます。

ベトナム戦争の時からそうでしたが

敵基地などの目標をいきなり攻撃すると

対空砲火、地対空ミサイルによる阻止のため

味方の損害がすごいのですね。

それでまず敵のレーダーや地対空ミサイルを潰すことから始めます。

そのための特別な装備やミサイルを搭載した攻撃機による攻撃から

ミッションが始まります。

この敵の反撃を封じなくては目標を攻撃できません。

そのための機材ですが

100機目標に向かうと90機はこの対空ミサイルなどの排除に

当てられます。

残りの10機でミッション達成です。

 

これを応用します。

まず攻撃ではなくて

相手の妨害を封ずるところから始まります。

相手は封じられますからそれを外します。

 

これを様式化した稽古が太極拳の推手と言われるものです。

 

合気道でも相手の手首を掴むという動作は

相手に刀を抜かせないための技です。

すると相手はそれを外すか無力化します。

 

太極拳では掴む代わりに手首を相手に貼り付かせています。

沾とか纒とかいうのがそうですね。

 

この時の形を交手とかいうそうです。

 

HPはhttp://sekijuku.comからどうぞ。

No20. 音楽の内功の深さ(H30.3.12)

面白い事をやりました。

 

音楽でも功の深さがあるのではないかと思い

確かめて見ました。

結果は予想以上でした。

 

iPadでYouTubeを使って見ました。

 

音が聞き取れないと思いますが

歌手によって功の深さが異なるというのが

わかればOKです。

 

曲は「マイウェイ」、シナトラとプレスリーで

比べてみました。

ちょっと長いですけどどうぞ。

二人に試してみました。

 

明らかに内功の深さに違いがあるのがわかります。

 

この後都島の教室でも試して同様の結果を得ました。

そのときはさらに水原弘でも「マイウェイ」を試しました。

また水原弘は「黄昏のビギン」でもやってみました。

ちあきなおみの「黄昏のビギン」と比べても圧倒的です。

 

日本では水原弘の内功の深さがもっとも深い様です。

プレスリーと同じくらい。

二人ともシナトラよりは上ですね。

やはり世界を席巻する歌手は凄いですね。

 

HPはhttp://sekijuku.comからどうぞ

 

No19 お祓い (H30.3.6)

稽古前に邪気を祓います。

非常に簡単ですが効果があります。

掌で埃をはたくようにするだけです。

これにより氣の流れが良くなります。

 

実際に祓う前と後で武技の威力で試して見ます。

 

それから誤解のないように言っておきますが

このやり方で100パーセント邪気が祓えるわけではありません。

また あまり強力な邪気も難しいかもしれません。

 

しかし1パーセントでも

0.5パーセントでも祓えたらそれで良いのです。

 

我々は実際の生活で

体に良くないものでも摂取することがあります。

その時 限度以内だったら病的変化を

起こさずに済む場合があります。

しかし限度をわずかでも越えたら

病気、中毒に苦しむことがあります。

 

この方法はそのわずかを取ってやるだけです。

限界を越えないようにするだけです。

それで中毒や病変を起こさなかったら

良いわけですからね。

 

ホームページはhttp://sekijuku.comからどうぞ