No17. 骨盤調整と内功法(H30.2.20 )

内功法、気功の稽古をしている時

下腹部、丹田に気を沈めるというのがありますが、

これがまた仲々難しいのです。

それで色々試行錯誤しているうちに見つけました。

一般的に気功の稽古は強精法とよく似ています。

下腹部に力が入り、熱くなってきたらヨシ、とします。

尾骨の先端と、恥骨の上端を水平にします。

たったコレだけで下腹部に力が漲るのを感じます。

以下動画をどうぞ。

尾骨と恥骨の高さを調節しますと格段に安定し強くなります。

下腹部が熱くなり、全身がポカポカしてきますと

かなりいいですね。

太極拳の単鞭の時の弓歩もこの感じでやるといいですね。

 

ホームページはhttp://sekijuku.comからどうぞ

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください