No16 八卦掌の内功法(H30.2.13)

八卦掌の内功法は公開されてない様です。

 

八卦掌の神秘的な技の秘密はその内功法にあると思います。

 

八卦掌の開祖の董海川老師は清朝の宦官だったと言われてます。

董海川老師が習得した内功法はあるいは宦官でなければ

習得不可能だったのではないか?

 

わかりません。

 

太極拳や形意拳も内功法の習得が不可欠ですが、

体術だけでも何とかなります。

しかし深い内功がないと少林拳やその他の長拳には

太刀打ちできません。

 

これが八卦掌となると尚更です。

そのままでは相撲か合気道の親戚みたいですよね。

 

うーむ、奥が深いなあ。

 

 

ホームページはhttp://sekijuku.comからどうぞ。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください