No.15 実際に打ってみました(H30.2.7)

実際に打ってみました。

 

人体に対して試してみました。

強く打つと危険なので軽く、です。

人体が跳べばOKです。

意念を使うことでこれだけ異なるのか、と

改めて意を強くしました。

 

ただ 今はもう少しレベルアップしています。

 

長拳の準備運動に圧腿というのがありますが

あれは単なるストレッチではないのです。

随分長いこと考えさせられましたが

あれは圧力の圧が重要なのだとわかりました。

圧が効くと蹴り技が活きてきます。

実はこの打杭もやはり圧なのです。

下方に圧を加えていく、これが極意ですね。

ホームページはhttp://sekijuku.comからどうぞ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください